なぜ、私の歳をきくの? 本田重道著

なぜ、私の歳をきくの? 本田重道著

著者は「年齢を理由に悔しい思いをしたことはないか」と読者に問う。「実質年齢」こそが本来の生き方であり、老若男女が歳に関係なく活躍できる社会がなぜ実現しないのか、と。

世界最長の平均寿命は、医学の進歩や、環境の整備、社会の安寧など、営々たる努力によって成し遂げられてきたはず。それが人々の幸福の拡大という形で現出せず、高齢化がもっぱら福祉や経済効率の問題としてとらえられていることに、大いに問題ありとする。

もともと年齢による価値判断は、長い間の社会習慣として定着し、その不合理性や差別的側面に目を向けることなく放置された。このため、社会組織の運営上の基本になった。少子高齢社会に直面した日本は、社会を根本から作り変えるぐらいの覚悟を持って、年齢制度の改革に取り組む必要があると論述する。

日本の再生は、年齢不問(エイジフリー)の雇用・社会慣行の確立からと舌鋒鋭く提言する。

飛鳥新社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。