「サッカー日韓戦」コロナ下の開催に踏み切る訳

「バブル」形式の対策、有観客試合の実績を作る

「齊藤コーチは21日に集合場所に来て検査し、そのまま部屋に入って食事も1人で摂り、誰とも接触していない。22日の朝の検査で疑問があったので再検査をしたところ陽性が判明。隔離という流れになった。濃厚接触者もいない」と反町康治技術委員長は説明した。

試合開催に影響がないことを断言したが、このようなケースは今後の代表戦や五輪・パラリンピック期間にも起こりうる。徹底した検査と迅速な隔離を繰り返していくしか、スポーツなど各種イベントを行うすべはない。

「不要不急の大規模イベントは必要はない」という意見も根強いが、森保監督や代表選手たち現場もその意見に耳を傾け、エッセンシャルワーカーへの感謝を忘れていない。さらに言えば、スポーツなどエンターテインメント業界の従事者はそれで生計を立てている。飲食業界や観光業界のダメージに注目が行きがちだが、彼らは彼らなりにコロナと共存する道を探る必要があるのだ。

最善の運営方法を探る

サッカー界が日韓戦を筆頭に、26・29日のU-24アルゼンチン戦(東京・福岡)、30日のモンゴル戦(千葉)、4月8日と11日のなでしこジャパンのパラグアイ・パナマ2連戦(宮城・東京)の6試合を行うことで、最善の運営方法が見えてくるだろうし、徐々に来場者数を増やせるかもしれない。安全を優先することを前提にスポーツ的側面と経済的側面を両立させるメドがつけば、東京五輪にも前向きなムードが広がるはずだ。

さしあたって重要なのは、25日の日韓戦をスムーズに開催し、日本が宿敵を撃破してカタールW杯へ弾みをつけること。ベストメンバーの日韓戦で日本が国内で勝利したのは、2011年8月までさかのぼらなければならない。

札幌ドームで香川真司(ギリシャ1部・PAOK)と本田圭佑(アゼルバイジャン1部、ネフチ・バクー)の両エースがゴールして3-0で圧勝した10年前の再現が大いに期待される。その舞台に立っていた吉田を筆頭に、大迫勇也(ドイツ1部・ブレーメン)や南野拓実(イングランド1部・サウサンプトン)、冨安といった主力たちには、ピッチ内外での雑音をシャットアウトするような最高のパフォーマンスを見せてもらうしかない。

「日韓戦を戦う際、『足が折れても、体が壊れてもぶつかっていかなければいけない』という表現を昔はよくしていた。それを今の子たちにも伝えたい」と吉田が強調するように全力でぶつかり、サッカーのすばらしさを再認識させる最高の契機にしてほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT