ユニクロのジーンズも担う「黒子」が挑む表舞台 あの「カイハラデニム」が一般消費者向けに販売

拡大
縮小

並行して本腰を入れ始めたのが、アパレル以外の取引先の開拓だ。デニムの特徴は、使用方法などに応じてゆっくりと色が変化して味わいの出る点。それを売りに、オフィス・店舗の床材や自動車の内装など、従来デニムの使われていなかった分野での素材開発も異業種と協業して進める。

稲垣執行役員は「『カイハラデニム』を消費者の身の回りのさまざまな場面にあるような身近な存在にするため、あらゆる用途を想定した、固定概念にとらわれない柔軟な発想での開発をより強化したい」と話す。

ジーンズの黒子から変わる転機となるか

消費者と直接つながりを持つことができる自社でのジーンズ製品化も、こうした変革の延長線上にある。小売りビジネスをすぐに拡大する考えはないが、今後も新たな開発品はクラウドファンディングを通じた販売を検討するという。

「生産工場はメーカー目線の開発に陥りがちだが、購入者の声を直接聞くことで、新しいトレンドや機能性を取り入れた消費者目線の開発につなげたい」(稲垣執行役員)。

コロナ禍という逆境での挑戦は、カイハラが「ジーンズの黒子」にとどまらない存在へと変わる転機となるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT