メール読みは受け身。発信源に人は集まる--『朝イチでメールは読むな!』を書いた酒巻久氏(キヤノン電子社長)に聞く

メール読みは受け身。発信源に人は集まる--『朝イチでメールは読むな!』を書いた酒巻久氏(キヤノン電子社長)に聞く

研究畑出身の現役経営者が書いた仕事習慣の体験的指南書が人気だ。「冴えた朝は、メール処理ではなく創造的な仕事からスタートする。こうした習慣の積み重ねが、仕事の成果に大きな違いを生んでいく」という。

--ケータイを使ってのビジネス書の書き下ろしは珍しい。

ケータイにテキストメモという機能がある。1コマ512バイトだから256文字書ける。それが10コマ。移動の途中でも、それこそトイレでも、つまらぬ発表の会議中でも、いつでも書けるし、送れるし。

私はもともと技術系。技術雑誌からの依頼原稿は昔から多い。今も締め切りを忘れていたのがあって、電車の中で、テーマ、構成、結論を思いつくままにテキストメモに書き出した。

この本の場合は、1ページを何文字にするかをまず決めてもらい、1ページ分ずつテキストメモに書く。それをパソコンに送ってため、ある程度たまったところで、出版社に送り整理してもらった。誤字脱字の修正、文章のつなぎはプロ任せ。

--ユニークなタイトルです。その「こころ」は。

「朝イチでメールを読むな」は、私の基本的な発想がベース。メールを読むというのはいつも受け身であり、テレビを見ているのと一緒だ。

朝は体力が整い、気力も充実している。私が手掛けてきた設計なら、創造力も冴えている時間。その大事な時間に、人からの命令書みたいなものをいつも読んでいると、いつの間にか受け身人間になってしまう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT