「サントリー天然水」圧倒的に愛される納得の訳

30年で34倍、日本の飲料水市場は急拡大した

この一家の存続には「良質な水」が欠かせないので、企業理念の中で「サントリーグループの約束=水と生きる」が位置づけられている。専門用語でいえば「SDGs(エスディージーズ=持続可能な開発目標)だが、あえてこう整理してみた。

「水と生きる」を、みんなでどう考えるか

サントリーの「水資源保全」への取り組みを、『水がなくなる日』『100年後の水を守る』などの著書を持つ、水ジャーナリストの橋本淳司氏(アクアスフィア・水教育研究所代表/武蔵野大学客員教授)はこう解説する。

「地下水は、民法に『土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ』と定められ、土地所有者に、その地下に賦存(ふぞん)する地下水の利用権があります。一方で『水循環基本法』では、『水は国民共有の貴重な財産』と位置づけられています。

過去には企業が自前の井戸から大量に地下水を汲み上げたため、周辺の井戸や湧水の枯渇、地盤沈下が発生したケースもあります。あらゆる水利用者にとって重要なのは、水の流れを面的に捉えることです」

そのうえで、橋本氏はこう続ける。

「南アルプス」「阿蘇」「奥大山」「北アルプス」と水源別に商品ラベルも異なる(写真:サントリー食品インターナショナル)

「地下水は上流の森林の保全、水田や湿地の保全によって涵養できます。地域とのコミュニケーションを大切に、地下水の流動、使用量、涵養量についての情報共有を図り、保全しながら活用していくことが、地域および企業の持続性につながります。

企業にとってはリスクの早期把握だけでなく、活動への対外的理解の促進、ブランドイメージの向上など、さまざまなメリットが生まれるのです」

良質な「飲料水」を味わい続けるためには、各飲料メーカーと酒類メーカーが連携して、水資源保全に取り組むのが理想だろう。企業活動を取材して感じるのが「誰かが必死で残さないと、残らない」という事実。「持続可能な水づくり」への高い意識共有も大切だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT