「サントリー天然水」圧倒的に愛される納得の訳

30年で34倍、日本の飲料水市場は急拡大した

山の渓流と南アルプス少女も印象的だったCM(写真:サントリー食品インターナショナル)

買って飲む「飲料水」の伸長ぶりを商品ブランドの数字でも紹介しよう。

2018年から「サントリー天然水」がトップに

2005年は15位、2010年は6位の「サントリー天然水」が、長年首位に君臨していたコーヒー飲料「ジョージア」(日本コカ・コーラ)に代わって首位となったのが2018年。表では「森の水だより&いろはす」(日本コカ・コーラ)も2010年からトップ10入りしている。

実は飲料市場は、2020年は新型コロナウイルスの影響で、市場全体で17億7700万ケース(対前年比93.4%)と落ち込んだ。

「大人も子どもも在宅時間が長くなった結果、家庭の水道水からつくる飲料との胃袋争奪戦もあり、最需要期の7月に2年続いた冷夏、外出自粛による飲食店の(市販品での)購買控えなどの複合要因で、伸び悩んだと思われます」(平岡氏)

次ページ「水と安全はタダ」から、「備蓄意識」の高まりに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT