「空回り」している上司に必要な3つの自問自答

まずは「自分の内面」の観察から始めよう

ところが、自分の感情を観察し始めると部下への対応が変わりました。例えば、部下に対して怒りの感情があっても「この感情をそのまま伝えれば、部下を萎縮させる。部下がより受け止めやすい言葉に変えられないだろうか」と知恵を絞るようになったのです。また、「今、怒りの感情を数値化すると8くらいだな。これが2に下がるまで、コーヒーでも飲んで落ち着くか……」といった冷静な判断ができるようになりました。

日々の部下とのやりとりでも、その時々の相手の感情を想像するようになりました。「相手はきっとこんな気持ちだろうから、こういう言葉をかけよう」「こんな態度で接しよう」と、発想と行動を変えると、以前と比べて、部下の反応がかなりよくなったそうです。

「今、起きていること」を観察する

もうひとつの観察対象は、「今、自分の周囲で起きていること」です。自分のチームを客観的に見て、現在どのような状態なのかを観察しましょう。

この場合、次の3つを自問自答すると、客観的な観察がしやすくなります。 ① チームとして、何がうまくいっているのか? ② チームがよりよくなるために、何が必要か? ③ ①と②の考察から気づくことは何か?

①について、「チーム内で空回りしている」とはいっても、その中で「うまくいっていること」もあるはずです。まずそれを具体的に洗い出してみましょう。どんな小さなことでも構いません。「ここはうまくいっているんじゃないか」という点をどんどん挙げましょう。

『できる上司は会話が9割 「困った部下」が戦力に変わる、コーチングのスゴ技』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

一方で、「チームがもっとよくなる」ために、何が必要なのかも検討します。これが②です。最後の③で、①と②を考えていく中で、気づいたことを明らかにしていきます。

この3つの自問自答は、私自身がコーチングのセッションでお客様に問いかけているものと同じで、相手に自分の現状を客観的に観察してもらい、今後、各自が取り組むべき課題に気づいてもらうのが狙いです。

悩みがあると、「すべてがダメだ。うまくいかない」と全否定してしまいがちですが、3つの自問自答によって、うまくいっている部分があることに気づけます。うまくいっている部分を明確にしたうえで、改善すべき点を探り、取り組むべき対策を具体化します。

あせらずに一度、立ち止まる。遠回りのようで状況を打開する最短かつ最善の方法です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT