今の若者が支持する「意外なテレビ番組」の正体

「現役大学生が見ているテレビ」トップ20を公開

4位『有吉の壁』(日本テレビ系)

レギュラー放送化が昨年4月ですが、いきなりの高支持。かつての『お笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)の流れを汲む“若手芸人ムチャぶりお笑い番組”ですが、やはりこうした路線は鉄板という証しかもしれません。若者層に弱い19時台の番組ながらの4位ですから。

2位は同率(22.9%)で2番組。

2位『アメトーーク』(テレビ朝日系)
2位『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)

安定人気の『アメトーーク』は予想通りの上位ランクインですが、『テレビ千鳥』は予想外。平日の深夜から徐々に放送時間帯を上げ、昨年10月に日曜22時台のプライムタイムに枠移動したという“苦労人番組”ですが2位は驚き。千鳥の人気ぶりがうかがえます。

今の若者が「最も支持する番組」は?

お待たせいたしました。第1位の発表です。支持率は27.1%!!その番組は……

1位『水曜日のダウンタウン』(TBS系)

今年4月で放送開始から丸7年となる人気番組が堂々の1位でした。さまざまなバネラーが持ち寄る“説”を取材し、VTRにて検証、それについてトークするというシンプルな構成ですが、安定した人気を誇っているんですねぇ。数多あるダウンタウンがMCを務める番組中で唯一ランクインし、しかも全体の4分の1以上が支持する1位というのも興味深かったです。

さて、ここまでのトップ20(27番組)のラインナップを見て、ある点にお気づきになった方もいらっしゃるでしょう。

そうです。毎週発表されている「世帯視聴率」トップ20の常連番組である『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)、『サンデーモーニング』(TBS系)、『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)、『人生の楽園』(テレビ朝日系)、『プレバト!!』(TBS系)、『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)といった番組がランクインしていないこと。

当然の如く、アンケート集計時にこの点を注視していたのですが、実は上記の番組を挙げた学生はいずれもゼロ! その人気がシニア層に支えられている傾向が少なくとも、このアンケート上では明らかになったのです。

シニア層の見るモノになりかねない現状のテレビ界。もちろん、テレビは若者層だけが見ればいいというモノではないものの、一応、番組制作側の人間であり、シニア層である筆者にとって、いろいろと考えさせられる集計結果でした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT