魅力は「山の中」にあり、岐阜県ご当地鉄道事情

新幹線でボーッと通り過ぎている場合じゃない

高山本線が山の中へと入っていくその玄関口にあたる美濃太田駅からは、ほかに2つの路線が分かれている。1つはJR太多(たいた)線。“日本ライン”の異名を取る木曽川の景勝地を横切って、日本最高気温を熊谷と争う多治見までを結ぶ。

木曽川を渡る太多線。このあたりが“日本ライン”と呼ばれる景勝地だ(筆者撮影)
全区間で山を登る明知鉄道。途中の飯沼駅は33‰(パーミル)の急勾配中にホームがある(筆者撮影)

途中の可児駅からは名鉄広見線が分かれ、多治見駅では中央本線と接続。中央本線はこの先文字通り木曽路を目指して山の中へと分け入ってゆく。とにかくこうして岐阜県の鉄道はどこかで山の中に入っていかねばならぬ。過酷な運命を背負っているのである。

中央本線に乗って少しだけさかのぼってみると、恵那駅からは第三セクターの明知鉄道明知線が分かれている。この路線は実に山間部の小さな路線だが、岩村駅付近はNHKの朝の連続テレビ小説『半分、青い。』のロケ地にもなった味わい深い商店街があったり、終点の明智駅前には日本大正村があったりと、意外と観光スポットは盛りだくさん。ちなみにこの“明智”は明智光秀の出生地説のある町の1つである。

長良川鉄道も山の中

ふたたび美濃太田に戻ろう。ほかに美濃太田駅から出ている路線が長良川鉄道である。長良川鉄道はその名の通り長良川に沿って両白山地をひたすら登っていくこちらも山の中の路線だ。美濃太田に近い南側に町は集中しており、人口重心のある関市も長良川鉄道沿線。観光地として知られる郡上八幡はかなりさかのぼった先の山奥の町である。

この長良川鉄道は、終点の北濃駅からさらに先に進んで山を越え、県境を跨いで福井県までを結ぶ計画だった。福井県側では九頭竜湖畔まで越美北線というJRの路線が延びてきていて、そちらとつながって越美線となるのがまだ見ぬ完成形。が、越美南線(長良川鉄道)も越美北線もあまりにも山の中を走る路線であって、それがつながる見込みはないままに工事は凍結されてしまい、いまに至っている。

このあたりで両白山地の旅を終え、再び県都・岐阜に戻ろう。岐阜駅から西に少し進んだ濃尾平野の北西の端に、大垣という町がある。大垣城は岐阜城と並んで関ケ原の戦いでは前哨戦の舞台となった。鉄道ファンには「ムーンライトながら」やその前身の「大垣夜行」の名でよく知られているだろうか。

次ページ岐阜県はローカル線の宝庫
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT