新型「ヴェゼル」賛否両論デザインの是非を問う

正常進化ではなくトレンド満載を選んだ理由

新型「ヴェゼル」は「CX-ハリアー」と揶揄されることもあるようだが…(写真:本田技研工業)

2月18日に世界初公開された2代目ホンダ「ヴェゼル」のデザインに対して。賛否両論が巻き起こっている。

2013年12月にデビューしたヴェゼルは、Bセグメントと呼ばれるコンパクトカーのカテゴリーに向けて送り出されたSUVだった。同じカテゴリーの日本車は当時、日産「ジューク」ぐらいで、ヨーロッパでもプジョー「2008」、ルノー「キャプチャー」などしかなく、コンパクトSUVでは先発組だった。

ヴェゼルはコンパクトカーの「フィット」で実績を積んだセンタータンクレイアウト、つまり前席下に燃料タンクを置くことで後部空間を使いやすくした独創のパッケージングを採用。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

それでいてスタイリングは大胆なウェッジシェイプでダイナミックな雰囲気を強調し、インテリアもドライバーを囲むようなインパネ、高めのセンターコンソールなどで、スポーティに仕立てていた。

日本国内では発売翌年から3年連続でSUV販売台数第1位の座を獲得し、「HR-V」などの名前で展開された海外向けを含めた累計販売台数は、380万台以上に達した。この大ヒットは、デザインによるところが大きかったはずだ。

フィットやホンダeに通じるデザインに

ホンダは、ヒット作をモデルチェンジする際、デザインについてはキープコンセプトとすることが多い。軽自動車の「N-BOX」や「N-ONE」は、その代表例である。しかし、ヴェゼルは、初めてのモデルチェンジなのにスタイリングもインテリアも一新してきた。これには筆者も驚いた。

そこで資料を見ると、デザインの前にパッケージングについて言及していることに気づく。先代型の資料では、まずデザインについて説明し、次にパッケージングを紹介していたのとは逆の順番だ。

ボディサイズの数値は未公表だが、先代型から大きく変えていないとしており、センタータンクレイアウトも継承されている。

丸っこいスタイリングから一転して直線基調に(写真:本田技研工業)

その中で運転しやすい視界、ゆとりの後席空間、実用的な荷室を作り上げたという。

その結果が、運転席から直視できて車両感覚が掴みやすいノーズ、水平基調のサイドのキャラクターラインやルーフライン、台形のサイドウインドーなどにつながっているというわけだ。センタータンクレイアウトならではの空間効率の優位性を、見た目でもアピールしにきたのだと感じた。

この方向性は、昨年モデルチェンジしたハッチバックの「フィット」、同じく昨年日本で発売された電気自動車「ホンダe」とも共通する。

次ページコンパクトカーは“この路線でいく”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT