iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

ツイッターとは、ユーザーが140字以内のつぶやきを投稿し、そのつぶやきを他者がフォローすることで成り立つ新たなコミュニケーションツール。そこにアイフォーンを組み合わせることで、新たなビジネスの形を提案したのが本書である。著者は、これらのツールを実際に全社へ導入した企業の代表。

相手に返事を強要しないふとしたつぶやきには、今までにない情報やアイデアが隠されていた。また、簡単につぶやけることから、忙しいときでも社員同士のコミュニケーションが活性化されるなどの効果もあるという。

そこに、いつでもどこでもネットにつながるアイフォーンがあれば、よりいっそうの効果が期待できるという。

マイコミ新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。