iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

ツイッターとは、ユーザーが140字以内のつぶやきを投稿し、そのつぶやきを他者がフォローすることで成り立つ新たなコミュニケーションツール。そこにアイフォーンを組み合わせることで、新たなビジネスの形を提案したのが本書である。著者は、これらのツールを実際に全社へ導入した企業の代表。

相手に返事を強要しないふとしたつぶやきには、今までにない情報やアイデアが隠されていた。また、簡単につぶやけることから、忙しいときでも社員同士のコミュニケーションが活性化されるなどの効果もあるという。

そこに、いつでもどこでもネットにつながるアイフォーンがあれば、よりいっそうの効果が期待できるという。

マイコミ新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。