iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

iPhoneとツイッターで会社は儲かる 山本敏行著

ツイッターとは、ユーザーが140字以内のつぶやきを投稿し、そのつぶやきを他者がフォローすることで成り立つ新たなコミュニケーションツール。そこにアイフォーンを組み合わせることで、新たなビジネスの形を提案したのが本書である。著者は、これらのツールを実際に全社へ導入した企業の代表。

相手に返事を強要しないふとしたつぶやきには、今までにない情報やアイデアが隠されていた。また、簡単につぶやけることから、忙しいときでも社員同士のコミュニケーションが活性化されるなどの効果もあるという。

そこに、いつでもどこでもネットにつながるアイフォーンがあれば、よりいっそうの効果が期待できるという。

マイコミ新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。