JAL崩壊 ある客室乗務員の告白 日本航空・グループ2010著

JAL崩壊 ある客室乗務員の告白 日本航空・グループ2010著

今年1月、日本航空はついに倒産。上場廃止され、「ナショナルフラッグ・キャリア」は49年目にして、東京証券取引所から姿を消した。最近まで就職したい企業ランキングでつねに上位だった人気企業はなぜ、倒産したのか。

本書は、JALの現役・ОBを含めた従業員たちが、実際に見聞きした醜聞の数々を暴露、恨み節をぶちまけたもの。そこからわかるのは、表面的な華やかさとは裏腹のずさんな経営と、日の丸親方に依存したぬるま湯体質である。

高給取りのわりに楽な労働条件。英語が苦手なパイロット。酔って現地の警察に厄介になりフライトに遅れる副操縦士などなど、信じられないエピソードのオンパレードである。

文春新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。