JAL崩壊 ある客室乗務員の告白 日本航空・グループ2010著

JAL崩壊 ある客室乗務員の告白 日本航空・グループ2010著

今年1月、日本航空はついに倒産。上場廃止され、「ナショナルフラッグ・キャリア」は49年目にして、東京証券取引所から姿を消した。最近まで就職したい企業ランキングでつねに上位だった人気企業はなぜ、倒産したのか。

本書は、JALの現役・ОBを含めた従業員たちが、実際に見聞きした醜聞の数々を暴露、恨み節をぶちまけたもの。そこからわかるのは、表面的な華やかさとは裏腹のずさんな経営と、日の丸親方に依存したぬるま湯体質である。

高給取りのわりに楽な労働条件。英語が苦手なパイロット。酔って現地の警察に厄介になりフライトに遅れる副操縦士などなど、信じられないエピソードのオンパレードである。

文春新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。