「ポテチのふりかけ」震災時を支えたご飯の記憶

今こそ思い出したい、食事が持つ「回復への力」

さつまいもを「あえて」スイートポテトに!(イラスト:岡本将徳、画像提要:NHK)

たまたま自宅にあったサツマイモを、あえて焼き芋にせずに、木べらでスイートポテトにしたという人がいました(不安な中でも、木べらを使って一工夫ができたことで少し自分を取り戻せて「大丈夫。これからも、どうにかなる!」と前向きになれたそう)。

投稿の中には、熊本地震のときに、ポテトチップスをそのまま食べるのではなく、あえて粉々にして、ふりかけにしたというレシピを送ってくれた人もいました。

私はそのメニューを実際に試してみることにしました。のりしおにするか迷った末、うすしおを選び、湯せんしたレトルトのごはんを少しほぐして、ポテトチップスを細かく砕いてごはんにかけました。えいやと、一口。「いける!」ポテトチップスの塩気で、ご飯の甘さが際立ち、確かにふりかけのように食べられました。

「素材だけで食べるのと、少し手を加えて食べるのでこんなに違うなんて」

そう言えば、神棚にあった塩をおにぎりにかけて食べておいしかったという人がいましたし、食事の味も覚えていないほど弱り切った中で、農家の人がくれたたった一口分の高菜のおいしさで元気になれたというエピソードを送ってくれた人もいました。

食事が持つ回復への力

災害時の食事について著書のある宮城大学の石川伸一教授は、「災害時に“何もない中で工夫を重ねてモノを作るという行為”は被災した人の気持ちや自信を回復させる力がある」と話します。

被災地でストレスが続くと、どうしてもトラブルが起きやすくなるそうなのですが、そうした中で、食事のクオリティを少しでも上げようとすることには、そんな心の穴を埋め、もっと言えば、復興へ向かうのを下支えしてくれる力があるというのです。

東日本大震災を経た今、多くの専門家は「数日間をしのぐ非常食だけではなく、少なくとも1週間の食生活や栄養まで考えて準備するべきだ」と指摘します。

「大変だな」と思う方もいるかもしれません。しかし、投稿していただいた500とおりの思い出レシピを読むと、その対策は“いくつかのコツ”をしっかり押さえれば、強く身構えるものではないこともわかってきました。

では、そのいくつかのコツとは? 次回、詳しくお伝えします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT