世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界では紛争の火種が至る所にくすぶっている。それが少なからず日本にも影響を与える。たとえば、レアメタルなどの資源が多く眠るアフリカでの紛争は、ハイテク機器を扱う業界には頭の痛い話となる。中でも中央部に位置するコンゴは屈指の資源大国ながら、安定的な資源供給を期待できない。

日本自体も近隣国との間に難問を抱えている。北朝鮮との拉致や核、ロシアとの北方領土、韓国との竹島、さらに中国・台湾との尖閣諸島の問題などだ。長年議論されているが、いずれも解決には至っていない。

紛争地帯30カ所と日本関連について、その原因、最新の動き、未解決の理由をそれぞれ要領よくまとめる。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。