世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界では紛争の火種が至る所にくすぶっている。それが少なからず日本にも影響を与える。たとえば、レアメタルなどの資源が多く眠るアフリカでの紛争は、ハイテク機器を扱う業界には頭の痛い話となる。中でも中央部に位置するコンゴは屈指の資源大国ながら、安定的な資源供給を期待できない。

日本自体も近隣国との間に難問を抱えている。北朝鮮との拉致や核、ロシアとの北方領土、韓国との竹島、さらに中国・台湾との尖閣諸島の問題などだ。長年議論されているが、いずれも解決には至っていない。

紛争地帯30カ所と日本関連について、その原因、最新の動き、未解決の理由をそれぞれ要領よくまとめる。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。