コロナ禍で家の昼食「ハンバーガー」激増の理由

外出自粛で食卓のメニューが大きく変化

最後にグループ④(前半、後半とも低調)を見てみましょう。

グループ④ではパンが特徴的な動きをしました。パンを詳細に見てみると、ここでは数値は示していませんが、前半、後半ともに菓子パン・惣菜パンの減少幅が大きいことがわかりました。

これまで、主婦が午前中の買い物ついでに菓子パンを買って昼食で食べていたのが、そういった行動パターンがなくなった、もしくは減ったことが示唆されます。

ちなみに漬物・佃煮などの「ご飯のお供」系のメニューは、コロナにかかわらず中長期スパンでダウントレンドのメニューです。

昼食が大きなマーケットに成長へ

最近はコロナ禍の切り札としてワクチンが話題になることが多くなってきましたが、今後どういったイベントがどういったタイムスパンで起きるのかはまだまだ不透明です。ただ「家での昼食」が今後急減して以前の状態に戻ることは考えづらく、ここが大きなマーケットとして成長していくことは間違いなさそうです。

そうなったときに、「昼食の外部化・簡便ニーズの高まり」という潮流が大きな基盤となってきそうですが、そのうえで「食卓に誰が・どれだけいるのか」をイメージすることが、食品産業が昼食マーケットにアプローチする1つのカギになってきそうです。

今回見てきたコロナ後半の動きが、今後想定されうる「ニューノーマル」になっていくのかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT