コロナ禍で家の昼食「ハンバーガー」激増の理由 外出自粛で食卓のメニューが大きく変化

✎ 1〜 ✎ 59 ✎ 60 ✎ 61 ✎ 最新
拡大
縮小

最後にグループ④(前半、後半とも低調)を見てみましょう。

グループ④ではパンが特徴的な動きをしました。パンを詳細に見てみると、ここでは数値は示していませんが、前半、後半ともに菓子パン・惣菜パンの減少幅が大きいことがわかりました。

これまで、主婦が午前中の買い物ついでに菓子パンを買って昼食で食べていたのが、そういった行動パターンがなくなった、もしくは減ったことが示唆されます。

ちなみに漬物・佃煮などの「ご飯のお供」系のメニューは、コロナにかかわらず中長期スパンでダウントレンドのメニューです。

昼食が大きなマーケットに成長へ

最近はコロナ禍の切り札としてワクチンが話題になることが多くなってきましたが、今後どういったイベントがどういったタイムスパンで起きるのかはまだまだ不透明です。ただ「家での昼食」が今後急減して以前の状態に戻ることは考えづらく、ここが大きなマーケットとして成長していくことは間違いなさそうです。

そうなったときに、「昼食の外部化・簡便ニーズの高まり」という潮流が大きな基盤となってきそうですが、そのうえで「食卓に誰が・どれだけいるのか」をイメージすることが、食品産業が昼食マーケットにアプローチする1つのカギになってきそうです。

今回見てきたコロナ後半の動きが、今後想定されうる「ニューノーマル」になっていくのかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT