食のリスク学 中西準子著

食のリスク学 中西準子著

環境リスク学で画期的な問題提起を行った著者が、食の分野でのリスクに絞って持論を展開した書。

しばしばメディアや生協などは、運動家がこだわる、間違った「常識」を俎上に載せているが、その最たるものはリスク評価にかかわる誤解で、生起確率ばかり問題にして重篤度(生起時の深刻度)を軽視あるいは無視する傾向である。

安全と安心を一体のものとする議論や、食品汚染で濃度(ppm)ばかりが問題にされる風潮も科学的、統計的に検証され、論破される。

行政も民間もリスク学の本質にもっと学ぶ必要がある。その点、食の安全を考えるうえで提起されるデータ解析や接近法は、多分に論争的であるが極めて説得的だ。

ただし、コスト対効果という概念を加えて食の安全を考えるとき、行政、企業、消費者それぞれのコストをどのように調整するかという問題、多様な消費者の食の選択に際しての裁量評価については、まだ議論の余地はあるだろう。(純)

日本評論社 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。