食のリスク学 中西準子著

食のリスク学 中西準子著

環境リスク学で画期的な問題提起を行った著者が、食の分野でのリスクに絞って持論を展開した書。

しばしばメディアや生協などは、運動家がこだわる、間違った「常識」を俎上に載せているが、その最たるものはリスク評価にかかわる誤解で、生起確率ばかり問題にして重篤度(生起時の深刻度)を軽視あるいは無視する傾向である。

安全と安心を一体のものとする議論や、食品汚染で濃度(ppm)ばかりが問題にされる風潮も科学的、統計的に検証され、論破される。

行政も民間もリスク学の本質にもっと学ぶ必要がある。その点、食の安全を考えるうえで提起されるデータ解析や接近法は、多分に論争的であるが極めて説得的だ。

ただし、コスト対効果という概念を加えて食の安全を考えるとき、行政、企業、消費者それぞれのコストをどのように調整するかという問題、多様な消費者の食の選択に際しての裁量評価については、まだ議論の余地はあるだろう。(純)

日本評論社 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。