1989年に酷似してきた「コロナバブル」の先行き

当時の値動きの分析から得られる示唆とは?

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第16回前編のテーマは、「出遅れキャッチアップに要注意」。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。

2月15日に30年6カ月ぶりとなる3万円台を回復した日経平均株価。牽引役となったのは、1月までの相場上昇の主役だったグロース株ではなく、これまで割安に放置されていたバリュー株だった。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

だがその後、日経平均は2月26日に前日比1200円超の大幅下落に見舞われた。3月に入り、相場は再び持ち直しつつあるものの、値動きの大きい不安定な状況が続いている。

この先の日本株市場はどのような展開をたどるとみられるのか。

北野氏が注目するのが、今回と同様、出遅れ銘柄のキャッチアップによって日本株が急騰した1989年の値動きだ。「日経平均やTOPIXが1989年12月にピークを打ったあと、東証2部指数はそこから半年遅れでピークを打った」(北野氏)。

では、当時の値動きの分析から得られる、今後の株式市場に対する示唆とはどのようなものか。詳しくは動画をご覧いただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT