憲法政戦 塩田潮著 ~際どい政権抗争の場では憲法も単なる道具と喝破

憲法政戦 塩田潮著 ~際どい政権抗争の場では憲法も単なる道具と喝破

評者 中馬清福 信濃毎日新聞主筆

 法律的に日本国憲法を論じた本、制定過程から論じた本はあった。安全保障を軸に護憲改憲を論じた本もあった。だが、「聖なる」憲法といえども際どい政権抗争の場においては単なる道具の一つにすぎない--系統立てて具体的にこう喝破する本に初めて出会った。書名を憲法「政」戦としたのもうなずける。

コロンブスの卵と人は言うかもしれない。それは違う。評者を含め、憲法を神棚に上げて済ます、そんな人間にこの発想は出てこない。政治は権力闘争なりと口で言うだけでなく、この揺るがぬ視点に立って戦後の政治・経済史を凝視し続けてきた著者でなければ書けなかった。

著者は聞き上手である。だからといって、相手を見る目がそれで狂うことはまずない。たとえば中曽根康弘氏について。「一方で、もしかすると、年来の主張である憲法改正も、政権の一枚看板だった『総決算』もスローガンにすぎなかった可能性もある。中曽根の達成目標は、権力の獲得と長期政権の実現それ自体だったのではなかったか」。

先の中国高官来日の際、「天皇と政治」の問題が改めて問われた。それを予想していたのか、著者は本著で一章を割き過去の事例を紹介して言う。「戦後政治の主役たちは、政策目標の達成、あるいは政権維持と政争乗り切りのために巧みに政治利用してきた」と。怖い話ではないか。

この問題については、民主党も何ら歴史に学んでいないことを露呈した。加えて、同党が持つあいまいさが「憲法をどうする」という大事な問題まで覆い隠してしまう心配はないか。安全保障にしても、たとえば小沢一郎氏の見解の変遷を追ってみて気付くのは、この党は日本をどこへ持っていこうとするのか、よくわからないことである。この党に詳しい著者に『民主党と憲法』という新著を期待したい。

しおた・うしお
ノンフィクション作家、評論家。1946年高知県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、雑誌編集者、月刊『文藝春秋』記者などを経て、83年に独立。『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。

日本経済新聞出版社 1995円 381ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。