日本人に知ってほしいサステナビリティの本質

小林いずみさんが指摘する日本の議論のズレ

須賀:そういった意味では、日本政府が、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」や「サステナビリティ」を国の重要戦略として位置付けたことは、大きな意味を持ちますか?

小林:重要戦略と位置付けたことで、少なくとも前進していくとは思いますが、DXについては、コロナ禍に、日本のデジタル化があまりにも遅れていることが明らかになったからでしょうし、サステナビリティについても、切羽詰まって、ようやく言い出したような感じですよね。「ついに言いましたか」というくらいに感じています。

須賀:本来果たすべきリーダーシップや主導権は発揮できていないというお見立てでしょうか?

小林:宣言するだけでは、リーダーシップがあるとは言えません。DXやサステナビリティに関する問題をどれだけ早く前進させられるかが重要で、リーダーシップはそのスピード感で測られると思います。

日本企業に求められる行動

須賀:今後、日本企業は、サステナビリティの領域に関して、どのような行動を取っていくことが望ましいのでしょうか?

小林:日本企業の「カーボンニュートラル」や「脱炭素」に対する姿勢も、徐々に変わりつつあるように感じています。これらの問題に取り組んでいることをしっかり開示しなければ、投資家から投資を引き揚げられ、資金調達に支障が出るということや、これまで収益が見込めないと考えられていた「脱炭素」などの領域でも、新たな価値を生み出せば、ビジネスチャンスになるといったことにも理解が広がり始めています。

企業には、これまでの財務状況に加え、統合報告書のような非財務部門における情報の開示も非常に重要になっています。非財務での情報開示には、「カーボンニュートラル」や「人への投資」「社会問題に対する取り組み」など、さまざまな要素があり、統合報告書を通して非財務の資産や行動が、将来の財務的価値をどのように生み出すのかを投資家に理解してもらう動きが進んでいます。

須賀:非財務部門における企業パフォーマンスをどのように査定し、それに基づいて、どのように企業をガバナンスしていくかという部分は、なかなか数値化が難しいことでもあると思います。

小林:非財務部門では、自分の会社に対して、とくに影響がある社会課題やテーマを決定し、その課題に対する目標を作り、進捗を測定するKPI(業績管理評価のための重要な指標)を設定しなくてはなりませんが、日本だけでなく、世界中の企業が、非財務の活動、資産活用の進捗を測定するためのKPIをどのように設定するかということに悩んでいます。

次ページ先手を打ちながら取り組めるか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT