日経平均株価の「化けの皮」がはがれそうだ

「短期の株価下落局面」はまだ始まったばかり

日本でも日経平均株価が2月26日には前日比1202.26円も下落したため、下げ幅は「4年8カ月ぶり」「歴代10位」などと騒がれている。しかし前日比の下落率(3.99%)は、歴代20位(6.53%)に遠く及ばず、軽微な下落でしかない。

そもそもNYダウは昨年末の終値が3万0606.48ドルだ。近づいたとはいうものの、現値はまだ上にあり、今年に入っての上昇幅は消えていない。日経平均株価に至っては、昨年末は2万7444.17円だ。そこから2月16日のザラ場高値3万0714.52円まで、2カ月足らずで3000円以上の幅も上がったこと自体が驚きである。1日に1200円程度下落しても、まだ下落が十分だとは言いがたい。

脆弱な日経平均株価

前回のコラム「日経平均3万円到達でも米国株より割高な理由」(2月15日付)で述べたが、日本の企業収益見通しは上方修正されて来てはいるのだが、修正の度合いはアメリカに劣後している。そのため、アメリカはともかく日本の株価は急上昇を正当化できる根拠が薄い。にもかかわらず、ドルに換算した日経平均株価をNYダウで割った比率は大きく上昇してしまっている、と解説した。こうした日経平均株価の「化けの皮」は、これから一段とはがれていくだろう。

日経平均をTOPIX(東証株価指数)で割ったNT倍率も、高水準にある。国内外の長期投資家が、東証1部の幅広い銘柄の企業収益実態などを個々にじっくりと分析すると、どんどん買い上げていくには値しない、と判断した結果が、投資家の考えの総体として「TOPIXの劣後」に表れているのだろう。

それに対して日経平均株価ばかりがこれまで上がってきた、ということは、海外筋の日経平均先物の吊り上げなどの要因が、大きかったのではないだろうか。

一部では、日経平均株価の上昇に「出遅れた」TOPIXが追い付いていく、との議論もある。だが以上を踏まえると、これからアメリカ株が調整する局面においては、上昇の根拠が相対的に薄弱だった日本株の下落率のほうがきつく、さらにTOPIXよりも日経平均株価の下落が大きくなると懸念している。つまり、下向きの方向で、TOPIXに日経平均株価が追い付いていくのだろう。

それでも、これも繰り返し過去の当コラムで述べてきたように、「十分な」株価下落が済めばそれ以上に株価が落ち続ける理由は消える。その後は年末に向けて、長い流れでの世界経済の持ち直しを反映して、日本株を含めた世界株の上昇基調が復活すると予想している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT