今年度内に燃料電池車を売るトヨタの勝算

コストやステーションの課題解決には長期戦

 

FCVは二酸化炭素一切出さない

ただし、水素ステーションの整備という最大の課題は残っている。現在、水素ステーションは、全国で12カ所。日本政府は2015年度内に、100カ所程度に増やす目標を掲げ、補助金や規制緩和による後押しを進めている。それでも全国で3万7000あるガソリンスタンドと比べた少なさは一目瞭然で、一般家庭で安心してFCVを使う状況にはほど遠い。

水素ステーションがなければFCVは普及せず、FCVが普及しなければ水素ステーションの整備が進まない。いわゆる“ニワトリと卵”の問題を、どうクリアしていくか。トヨタだけではなく、エネルギー業界や国も含めた、今後の取り組み次第となる。

まずは三大都市圏中心に投入へ

トヨタは当面、首都圏や愛知県、大阪府など、水素ステーションの整備が予定されている地域を中心に、販売していく。環境への意識の高い個人や企業などへの販売を目指すが、当然のことながら、初年度から多くの台数が出るというシロモノではない。

むろん、トヨタもそれは覚悟の上。加藤副社長は「長い長いチャレンジの始まり」「10年、20年は覚悟している」と言い切った。

(撮影:梅谷秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT