今年度内に燃料電池車を売るトヨタの勝算

コストやステーションの課題解決には長期戦

一般向けのFCVを投入するトヨタ。実売価格は補助金込みで500万~600万円程度か

トヨタ自動車は6月25日、燃料電池車(FCV)を2014年度内に日本国内で発売すると発表した。セダンタイプのFCVで、価格は700万円程度を予定している。

トヨタは1992年からFCVの開発をスタート。02年以降はSUV(スポーツ多目的車)タイプのFCVを、日米で官公庁や教育機関など向けにリース販売してきた。一般向けの販売はトヨタが「世界初」となる可能性が高い。

充電時間は3分、走行可能距離は700km

水素を燃料に発電し、モーターで走るFCVは、電気自動車(EV)の一種だ。が、航続距離が短い、充電に時間がかかるといった、通常のEVが持つ弱点がない。トヨタの新型FCVは、水素充填時間で3分、約700kmの走行が可能。FCVは走行時に二酸化炭素(CO2)の排出がなく、水しか出さない、「究極のエコカー」(加藤光久副社長)なのである。

 一方、FCVにも課題はある。

 その一つがシステムコスト。高価な白金を使うなど、燃料電池のシステムコストは高い。かつてFCVは1台1億円ともいわれていた(正式な原価は不明)。トヨタは燃料電池や水素タンクなど、主要コンポーネントの自社開発を続ける中で改良を重ね、2008年時に比べ、システムコストを20分の1に引き下げることに成功。700万円台と高級車並みの価格に抑えることで市販にこぎ着けた。補助金が交付されることは間違いなく、実売価格は500万~600万円程度になりそうだ。 

次ページ水素ステーション整備という課題
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。