「ケインズの評価」が時代により180度変わる訳

「悪の首領」か「正義のヒーロー」か、それとも?

「ケインズは死んだ」「ケインズは正義のヒーロー」……。第2次世界大戦後の世界の経済政策を一変させたケインズの『一般理論』はなぜ正反対の評価を受けるのでしょうか?(写真:adam121/PIXTA)
経済学史上で最も重要で影響力の大きい本と言われる『一般理論』(ジョン・メイナード・ケインズ著『雇用、利子、お金の一般理論』)。教養として一度はチャンレジしたものの読み通すのに挫折した人は少なくないだろう。
難しいと言われているにもかかわらず、ケインズの著書はなぜ今もなお読み継がれ、賞賛と批判の両方を浴びているのか。名著『一般理論』のエッセンスを凝縮し、現代的な意義をわかりやすく解説した山形浩生氏に、ケインズの評価が分かれる理由と新刊『超訳 ケインズ「一般理論」』で目指したことを聞いた。

リーマンショックからケインズ再評価へ

リーマンショック/世界金融危機以来、「ケインズの復活」という声はたくさん聞かれる。世界経済が崩壊しかけたとき、それに対する唯一の有効な処方箋を提供できたのが、一時は死んだとすら言われていた「ケインズ経済学」だったからだ。

『超訳 ケインズ「一般理論」』は3月5日発売。電子版は先行販売中です(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

ケインズの業績や主張を改めて見直そうという本はいろいろ出てきたし、金融危機から10年以上たった現在ですら、その評価が下がる様子はない。

本書も、そうした関心の高まりの中で登場した本ではある。

ぼく自身がケインズに本格的に——というのは『一般理論』を頼まれもしないのに全訳するくらいに、という意味だ——興味を持つようになったのも、そういう本をたくさん読んだからだ(そして訳したものもある)。

でも……どれを読んでも、いま一つピンとこない部分があった。というのも、金融危機をネタにケインズ復活を告げる本というのは、どれもだいたい同じストーリーになっているからだ。

次ページケインズは仮面ライダー?!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT