保護猫にのめりこんだ私がある日気づいたこと

使命感に燃え人に押し付けても前には進まない

保護猫カフェにはまりすぎた彼女がふと我に返った瞬間とは?(漫画:蘭木流子/ハガツサブックス)

環境省によれば2019年4月から2020年3月までの2年間に全国で引き取られた犬と猫は合わせて約8.5万匹(犬が約3.2万匹、猫が約5.3万匹)にも及びます。

『いっしょに帰ろう 保護猫カフェで出会った新しい家族の話』(ハガツサブックス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犬と猫を合わせた殺処分率は2000年代前半まで年間90%を超えていましたが、今は同4割を切るほどまで下がりました。

動物の殺処分問題に対する関心が高まり、「保護犬」や「保護猫」を迎える人が増えています。そんな保護猫たちと出会うひとつの場として注目されているのが保護猫カフェ。

猫が触れないと思っていた人、ひとり暮らしのために猫を飼うことを諦めてかけていた人、愛猫の死を乗り越え新たな出会いを求めていた人…保護猫カフェだったからこそ新しい家族に出会えた人たちの実話の物語を集めた『いっしょに帰ろう 保護猫カフェで出会った新しい家族の話』より一部を抜粋してご紹介します。

この記事の画像を見る(10枚)

仕事仲間の友人を保護猫カフェに誘ってみた

©蘭木流子/ハガツサブックス
次ページ私の頭は「保護猫脳」に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT