知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界 おもちゃのまち、大谷石の駅舎、そして"廃線跡"

✎ 1〜 ✎ 45 ✎ 46 ✎ 47 ✎ 48
拡大
縮小
百貨店の2階部分に設けられた東武宇都宮駅のホーム。巨大駅ではないが「ザ・ターミナル」の風格だ(筆者撮影)

東武鉄道のターミナルといえば、どこだろうか。だいたいの人が、浅草駅を思い浮かべるのではないか。建築家・久野節が設計を手掛け、百貨店の松屋が入った関東地方初のターミナルビルとして1931年に開業した浅草のシンボルだ。駅ビルの中の櫛形ホームから次々に列車が出ていく様子はまさにザ・ターミナル。ほかには、東武東上線のターミナル・池袋もある。池袋駅の西側にそびえる東武百貨店と直結するこちらも典型的な私鉄ターミナルだ。

東武宇都宮駅は街の中心にある

が、ここではあえて東武宇都宮駅を挙げてみたい。日光線の新栃木駅から分かれて宇都宮の中心市街地を目指す東武宇都宮線の終着駅。浅草や池袋といった東京都心からはかなり離れているし、東武宇都宮線はかなり地味な路線といっていい。だいたい宇都宮といったら新幹線も停まるJR宇都宮駅の存在感が圧倒的だ。

熊倉与一東武宇都宮駅長(右)と立川治新栃木駅長(筆者撮影)

しかし、東武宇都宮駅は宇都宮市の中心市街地のど真ん中にあるし、ハイブランドの店舗が入る東武百貨店の中に櫛形ホームを持つ、負けず劣らずのターミナル。JR宇都宮駅に対して地味だとか、そういうことを言われる筋合いではないのである。

「栃木県庁に行くにもJRさんの宇都宮駅よりも当社の東武宇都宮駅のほうが近いんですよね。百貨店もそうですし、駅を出ると目の前にオリオン通りという大きなアーケード商店街がありまして、宇都宮のにぎわいの中心でもあるんです。宇都宮って、餃子はもちろんですけどカクテルとかジャズ、自転車、焼きそばなどなど名物がたくさんあって、東武宇都宮駅近くのイベント広場のオリオンスクエアでもいろいろイベントをやっていたんです。今はコロナでなかなかたくさんはできないんですけどね……」

と、立て板に水の如くアピールをしてくれたのは、東武栃木駅管区副管区長で東武宇都宮駅長でもある熊倉与一さん。その東武宇都宮駅が終点の宇都宮線についても教えてもらおう。いったい、どんな路線なのか。

次ページいったいどんな路線なのか
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT