7億稼いだ「億り人」の意外にも質素な生活模様

ビットコインの価格なんて本当はどうでもいい

億単位の資産を築いた「億り人」はどのように資産を増やしていったのでしょうか(写真:gaffera/iStock) 
仮想通貨で1億円を超える資産を築いた「億り人」へのインタビュー。投資術、人物像、今後の予想を聞く。

2020年12月ごろから価格が高騰し、今年1月には一時400万円を超える水準にまで達したビットコインをはじめ、暗号資産(仮想通貨)への注目が今また高まっている。400万円という価格は、暗号資産が一般にも広く知られることとなった2017年の「バブル」を超える過去最高値だ。

億を超える資産を築いた「億り人」の人物像とは

2017年当時には、ビットコインだけでなくオルトコインと呼ばれるビットコイン以外の暗号資産が軒並み上昇。その波に乗って億を超える資産を築いた「億り人」なる人々も登場した。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

そんな億り人たちは、その後の価格の急落や現在の再上昇をどう見ているのか。また暗号資産で巨額の利益を得た彼らはどんな人物で、どんな生活を送っているのか。現在の価値で約7億円の資産を暗号資産で築いたA氏に話を聞いた。

──暗号資産への投資を始めた理由は?

もともと高校生のころから株式投資をしていたのですが、あまり「おいしくない」と感じていました。例えばIPO(新規上場株式)投資にしても、主幹事の証券会社が申込者に割り当てることになっていますが、結局は証券会社のさじ加減であり、裏側では何が行われているかわからないという不公平さを感じていたからです。

表向きは、インサイダーは売買できない、IR(投資家向け情報)は決まったフォーマットで発表するなど、投資家みんなが公平になるように規制されています。でも裏側では、絶対に不公平なことが行われていると思っていました。

暗号資産はそうした既得権益の外側で取引ができます。技術的なことを知らなければ仕組みを完全には理解できないなど平等ではありませんが、逆にそれが自分が持っているスキルにフィットして有利に働き、儲けを上げやすいと感じたのが1つ目の理由です。

次ページビットコインを知ったきっかけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT