プロ野球名物、乱闘シーンが消えたワケ

元プロ野球選手、川崎憲次郎氏に聞く「若者論」

他チームの選手とつるむ若手が激増

原田:今の若い選手たちと接していて、自分たちのときにはなかったなっていうエピソードってありますか?

川崎:まずは、あいさつ。今は普通に「おはようございます」とか言いますけど、昔は「うぃっす」みたいな、そんな感じですよ。それでよく野村(克也)監督に怒られてたっていうね(笑)。

それから、他チームの選手や監督と話す機会は、ものすごく増えたなと感じますね。僕たちのときは、他チームの選手とはあいさつ程度はいいけど、それ以上は話すなという感じだったんですよ。

今はどこのチームも試合前でも話をしたり、自主トレを一緒にやったり。昔だったら考えられないですね。確かに人と人との付き合いとしては、すごく幅も広がるけど、じゃあ野球人としてはどうなのか。自分がピッチャーで、個人的に仲のいいバッターが打席に立ったとき、(球を)ぶつけるぐらいの気概できわどいところを狙えるのか。勝負する場面で、良心が働いて相手に甘くなったら、自分が痛い目に遭いますよね。

原田:じゃあ川崎さんは、基本的には現役のうちは他球団の選手とあまり接さないほうがいいと思っている?

川崎:昔はみんなそうだったんですよ。もちろんあいさつぐらいはしますけど。

原田:たとえば、当時、ジャイアンツの選手とすごくしゃべるとか、飯食いに行くとか……。

川崎:いっさい行ったことないですよ。

原田:へえ。

川崎:だって、いまだに自分のチームの人間とも行かないですからね。選手とは絶対にいっさい行かないし。

原田:行く人は行ってたんでしょう?

川崎:だと思いますが、僕は知らないですね。

やっぱり、ひとり仲のいいヤツを(食事に)連れて行くと、それを見てたヤツが「なんなんだよ、あいつ」って思うわけです。連れて行った選手も嫌な思いをすることになる。

行くんだったらまったく行かないか、みんな連れて行くかですね。僕はコミュニケーションというのはできるかぎり、グラウンドの中でやりたいと思っているんです。

次ページ投手なのに、投げるのが怖い?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT