プロ野球名物、乱闘シーンが消えたワケ

元プロ野球選手、川崎憲次郎氏に聞く「若者論」

川崎:昔はそういうピッチャーが多かったんです。今は乱闘もないですけどね、あんまり。そういう乱闘がないっていうのがいちばんの証拠かもしれない。

原田:テレビの「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」なんて乱闘シーンばかりでしたからね(笑)。

川崎:みんな胸ぐらつかみ合って、ユニフォームがビリビリになったりね(笑)。僕はね、向こう気が強くて表に出すピッチャーが好きなのです。そういうのを無理に出せとは言わないけど、自然に出せるようなピッチャーになってほしいんですよ。

ピッチャーって1球1球が勝負なんで、気を抜くことがまずできないんですね。そういう中で、たとえばツーアウト満塁、打たれたらおしまいという場面で三振取ったとき、どう思うんだって。やっぱりガッツポーズも出て、ほえたくなるでしょうと。だけど今はバーンと三振を取っても静かなんですよね。どうなんだろうなあ、その表現の仕方は、と思う。

原田:今、一般の若い子たちは「空気を読む」世代なんて言われてて。確かにあまり自己表現を大きくする子はいない、むしろ周りにどう見られるか、人の目を気にする同調志向が非常に強くなっているのです。たとえばうまくいってもガッツポーズをしたら、周りから「ちょっとこいつ、調子乗ってる」と思われるのが嫌だなと。ひょっとしたら選手もそういうふうになっているかもしれないですね。

川崎:それも時と場合だと思うんですよね。やっぱり間違ったところでやって、浮くヤツはいますよ。だけどこの場面で抑えたら普通そうなるだろうっていう場面もたくさんある。むしろそういう場面で抑えたら、ちゃんと表現をしてベンチに帰ってきてほしいなっていうのはあるんですよね。ちゃんと自分の気持ちが素直に出るのが、自然だと思うんですよ。

原田:僕は熱烈なジャイアンツファンだったんで、川崎さんのガッツポーズはすごく記憶に残ってますね。川崎さんは巨人キラーだったから、出てくるともうチャンネル変えようかなって(笑)。本当に嫌だったですね。

川崎:あいつの顔見るのが嫌だ。あいつ大嫌いって言われるのがいちばんゾクゾクときますね(笑)。

原田:まあピッチャーとしては最大の賛辞ですもんね。

川崎:あいつ嫌だなあって敵チームから思われたら、それだけでも勝ちですからね。

(構成:江口和孝、撮影:梅谷秀司)

※この対談の後編は、6月30日(月)に公開します
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。