車載用「強化ガラス」の需要が高まっている訳

電動化や自動運転を見越して各社が開発に注力

写真は、ホンダの新型電動自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」と、ホンダeの車載ディスプレイだ。このディスプレイには、日本電気硝子の強化ガラス「ダイノレックス」が採用されている(写真:ホンダ/筆者撮影)

ガラスメーカーの日本電気硝子は、自動車部品・最新技術の展示会「オートモーティブワールド2021(1月20~22日・東京ビッグサイト)」において、ホンダの新型コンパクトEV「ホンダe」に採用された車載ディスプレイ用カバーガラスを展示した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

量産車で初めて、インストルメントパネルに5つものスクリーンを水平配置したことで話題となっているホンダe。その車載ディスプレイに使われたのは、重い鉄球などを落としても割れにくい「Dinorex®(以下、ダイノレックス)」と呼ばれる化学強化専用ガラスだ。また、映り込みや光りの反射を防ぐ処理など、ほかにもさまざまな処理が施されているという。

近年、車載ディスプレイはホンダeばかりでなく、多くのモデルで大型化や多機能化が進んでいる。さらに将来的に実用化が期待される自動運転車では、より複雑な機能を持つディスプレイが搭載されることも予想されている。そんな背景の中、これからの車載ディスプレイに求められる要件とは何か。日本電気硝子をはじめ、当展示会に独自の車載向けガラスなどを出展した双葉電子工業などに話を聞いた。

ホンダeで採用されている車載ディスプレイとは?

ホンダeに採用されたワイドビジョンインストルメントパネルは、前述の通り、5つものスクリーンを水平配置したものだ。中央には、12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーンHonda CONNECTディスプレー」を採用。ナビ機能はもちろん、アップル社のApple CarPlayやグーグル社のAndroid Autoに対応するため、連携したスマートフォンやタブレットの地図や音楽、動画といったさまざまなアプリ機能を表示・使用することができる。また運転席や助手席でそれぞれ表示機能を選択したり、左右の画面に出るアプリを入れかえたりといったマルチタスク機能も搭載する。

ステアリング奧にあるメーターには、全面フル液晶タイプのマルチインフォメーション・ディスプレイを採用する。速度計やバッテリー残量計、航続可能距離などに加え、衝突軽減ブレーキ(CMBS)など安全運転支援システム「Honda SENSHING(ホンダセンシング)」の作動状況なども表示される。

次ページ車載ディスプレイに求められる性能とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT