中国のサービス業、「景況感」改善に腰折れ懸念

「財新中国サービス業PMI」、9カ月ぶり低水準に

2021年1月の財新サービス業PMIは好不況の目安を上回ったものの、前月比では大幅に低下した(図表作成:財新)

新型コロナウイルスの中国国内での局所的な再流行や海外での流行拡大のあおりを受け、中国のサービス業の回復に腰折れの懸念がでてきた。2月3日に発表された2021年1月の財新中国サービス業経営活動指数(サービス業PMI)は52.0と、過去10年間で最高レベルだった前月(56.3)から4.3ポイント下落し、9カ月ぶりの低水準を記録した。

とはいえ、指数そのものは好不況の判断の目安とされる50を依然として上回っている。なお、1月31日に発表された中国国家統計局の調査に基づくサービス業PMIも、2021年1月は51.1と前月(54.8)より3.7ポイント低下。財新の調査と一致した傾向を示した。

これらのデータは、サービス業の景況感は改善トレンドを維持しているものの、そのペースが大きく鈍化したことを示唆している。関連指数ではサービス業の新規受注指数が過去5カ月間、サービス輸出の新規受注指数が過去3カ月間の最低値に落ち込んだ。

経営者心理に新型コロナが強く影響

雇用の改善もペースが鈍っている。2021年1月のサービス業の雇用指数は拡大トレンドをかろうじて維持したが、過去6カ月間の最低値となった。

景気や雇用の先行きが不透明さを増すなか、サービス業の多くは原材料価格や人件費、物流費などの値上がりをサービス価格に転嫁しにくくなっている。2021年1月のサービス価格指数は上昇トレンドにとどまったものの、前月より低下した。

向こう12カ月間のサービス業の楽観度を示す指数も、過去4カ月間の最低値を記録。今後の景気に対する経営者の心理に、新型コロナが与える影響の強さを改めて示した。

本記事は「財新」の提供記事です

「海外で新型コロナの流行拡大が続くなか、中国国内での再流行を効果的に予防できるか。外需の先行きが不透明さを増すなか、国内経済を内生的発展に導けるか。2021年の注目点だ」。財新グループのシンクタンクCEBMのシニアエコノミストを務める王喆氏は、そうコメントした。

(財新記者:程思煒)
※原文の配信は2月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT