ハイテク都市「深圳」、オフィス空室率3割の事情

新築ビルの大量供給止まらず、賃料も下落続く

広東省深圳市では新築オフィスビルの大量供給が続いている(写真はイメージ)

ハイテク企業の集積地として知られる中国の深圳市では、近年、新築オフィスビルの大量供給が続いている。このため空室率が高止まりし、賃料相場が下がり続けている。不動産サービス大手のサヴィルズが1月7日に発表したリポートによれば、2020年10~12月期のAクラスオフィスビルの賃料指数は前年同期比6.3%下落した。

同じく2020年10~12月期のオフィスビルの空室率は27.9%と、前年同期より2.9ポイント上昇した。深圳市は中国の4大都市(北京、上海、広州、深圳)の中で最も空室率が高い状況となっている。

2020年10~12月期に新規供給されたAクラスオフィスビルの面積は18万平方メートル。2020年の通年の新規供給面積は105万平方メートルに上った。2020年末の時点で、深圳市のAクラスオフィスビルの総面積は830万6000平方メートルに達している。

オフィスと住宅で譲渡価格が真逆の動き

新築オフィスビルの大量供給は今年も続く。2020年初に中国国内で新型コロナウイルスが流行した影響で、一部の新築ビルの供給開始が延期されたためだ。サヴィルズのリポートによれば、2021年には深圳市内で合計135万9000平方メートルのAクラスオフィスビルが供給される予定だ。

その結果、2021年は空室率がさらに上昇するのは確実だ。賃貸契約の交渉でテナント側が有利になるため、賃料相場も引き続き下落するとサヴィルズは予想している。

本記事は「財新」の提供記事です

賃貸利回りの低下とともに、オフィスビルの所有権の譲渡価格も下落している。深圳市内のオフィスビルの1平方メートル当たり平均譲渡価格は、2020年10~12月期は4万7900元(約76万円)と前年同期より9.1%値下がりした。

実は、これは深圳の住宅価格とは真逆の動きだ。中国国家統計局のデータによれば、深圳市の2020年11月の住宅価格指数は新築物件が前年同月比4.9%、中古物件が同14.6%それぞれ上昇した。

(財新記者:屈慧)
※原文の配信は1月7日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT