「隠れ病」は肌に出る! 猪越恭也著

「隠れ病」は肌に出る! 猪越恭也著

中国医学では「皮膚は内臓の鏡」といわれる。たとえばたくさんの血管が集まる顔の色は、貧血があると赤みが薄くなるなど血管を流れる血液の色を反映しているからだ。こうした小さな変化こそ体が発しているSOSのサインだと、薬剤師であり中国医学の第一人者としても知られる著者は指摘する。

目、耳、鼻、口といったパーツごとに病気を見分ける方法や、痛みやむくみ、だるさといった自覚症状からわかる不調の原因、さらには代表的な漢方薬の処方など具体的な例を挙げて解説。西洋医学の考え方も取り入れながら、科学的なデータだけでは測れない体の異変を察知し予防しようという中国医学の「未病」対策法を紹介する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT