「隠れ病」は肌に出る! 猪越恭也著

「隠れ病」は肌に出る! 猪越恭也著

中国医学では「皮膚は内臓の鏡」といわれる。たとえばたくさんの血管が集まる顔の色は、貧血があると赤みが薄くなるなど血管を流れる血液の色を反映しているからだ。こうした小さな変化こそ体が発しているSOSのサインだと、薬剤師であり中国医学の第一人者としても知られる著者は指摘する。

目、耳、鼻、口といったパーツごとに病気を見分ける方法や、痛みやむくみ、だるさといった自覚症状からわかる不調の原因、さらには代表的な漢方薬の処方など具体的な例を挙げて解説。西洋医学の考え方も取り入れながら、科学的なデータだけでは測れない体の異変を察知し予防しようという中国医学の「未病」対策法を紹介する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT