「彼を待っていた」サントリー佐治社長を直撃

創業家以外で初。次期社長はローソン新浪会長に

自宅前で質問に答える佐治社長。

 

 ――創業家ではなく、後継社長を外部から招聘する理由は。

 創業家は創業家の良さが当然あるが、まだ次の世代が十二分に育っていない。これから世界戦略をスピードを上げて取り組む必要がある。そういう意味で、新浪さんは最適な方だと前から思っていた。

彼は昔からゴルフ仲間だったりするから(社長就任の打診は)それとなくはしていたが、大きな会社、それも大のお得意先のトップだったので、そう簡単に「来て下さい」というわけにもいかなかった。ローソンは玉塚(元一)さんが社長になったが、やはり先方の都合もある。一方的に来てくださいと言っても、(新浪氏は)それだけの責任を果たさないといけない。簡単に言えば、「いい時にお越しください」ということ。

――小売りとメーカーの経営は違うところもあると思うが?

経営は基本は同じだから。世界戦略に取り組むには彼の国際性というか、ダボス会議にずっと出ておられたり、なんと言っても彼の「やってみなはれ」のエネルギーというのはサントリーにぴったりだな、と判断した。人事は、7月1日の臨時取締役会で決定する。就任は10月1日になると思う。

13年秋に打診。返事も13年。

――新浪氏とどのような経緯で知り合ったのか。

慶応義塾大学の後輩で、得意先とメーカーという形でお目にかかってますから。正式な打診は去年の秋。いろいろ準備ができたので、そろそろお受けしますという話をいただいた。返事も去年。

――トップ交代のタイミングはなぜ今なのか。

理由は特にない。私は65歳(現在、佐治氏は68歳)で社長は譲りたいと思っていたが、これが延び延びになっていた。なるべく早い機会にと思っていた。

――次の世代が十分に育っていないというのは?

私の責任かな。大きなことは自分で決めてきたから。そういう意味ではなかなか・・・・。(サントリーを)ホールディングスにして多くの社長が生まれた。成長してくれたが、まだHD化して5年。これから若い人たちが成長していってくれればいいのではないか。創業家と言えば、(サントリー食品インターナショナルの)鳥井信宏もまだ若いし、まあ食品の社長になったばかり。しばらくあそこで勉強して。新浪さんにいろいろと教えてもらって、成長してくれれば一番いい。

次ページ新浪氏のどこを評価しているのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT