日本企業にも好機! インドの地殻が動いた

第1回 「3度目の独立」を果たし、前進するインド

インドは28州7直轄地域で成り立っている。面積は日本の8.7倍、世界で7番目に大きな国だ(インド政府のホームページより)

(5)インドを魅力的にする多くの計画

モディ首相は選挙で、経済を再生するために電力、道路、鉄道への投資を加速すると公約しました。インドの財界はこの公約に期待をかけており、国民の多くも彼が斬新なアイデアでインドを発展させ、モディ旋風がインドに新たな夜明けをもたらす歴史的な偉業を達成すると考えています。

  *   *   *

以上のように、インドでは多くの変化が起きつつあります。なぜ短期間でインドが変わりつつあるのでしょうか。

モディ首相の支持者は、「彼の情熱が人々を動かしている」と言います。彼が考えるインドの発展の絵図が明確で、その核心は「5T(Talent=人材、Tradition=伝統、Tourism=ツーリズム、Trade=貿易、Technology=技術)に焦点を当てることでインドのブランドを構築する」というビジョンです。

送水網、光ファイバー網、新幹線といったインフラ計画はインドが最も必要とする近代化計画です。それ以外にも、インド国内100カ所にスマートシティを作る、インド工科大学(IITs)、インド経営大学院(IIMs)、全インド医科大学(AIIMS)をインド28州すべてに作り、すべての国民がよい教育を受けられるようにする、という計画もあります。

ただし前政権から厳しい財政状態が続いており、モディ首相は財政再建と経済成長の両方を同時に進めていく必要があります。すべての国民が満足できるような政策はありません。経済の再生やインフラ整備にあたって、一部の国民が強く反発するような厳しい決断もしていくと思われます。病んだ経済を健康的にするには苦い薬も必要、ということです。 これをうまく乗り切っていけるかどうか。日本を含む世界中の多くの政府と同様、これはモディ政権の大きなハードルといえます。

この連載は、「モディ政権のインパクト」、そして「インドの魅力」についてニルマラさんが解説します。次回は7月10日掲載予定です。お楽しみに!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。