日本企業にも好機! インドの地殻が動いた

第1回 「3度目の独立」を果たし、前進するインド

インドは28州7直轄地域で成り立っている。面積は日本の8.7倍、世界で7番目に大きな国だ(インド政府のホームページより)

(5)インドを魅力的にする多くの計画

モディ首相は選挙で、経済を再生するために電力、道路、鉄道への投資を加速すると公約しました。インドの財界はこの公約に期待をかけており、国民の多くも彼が斬新なアイデアでインドを発展させ、モディ旋風がインドに新たな夜明けをもたらす歴史的な偉業を達成すると考えています。

  *   *   *

以上のように、インドでは多くの変化が起きつつあります。なぜ短期間でインドが変わりつつあるのでしょうか。

モディ首相の支持者は、「彼の情熱が人々を動かしている」と言います。彼が考えるインドの発展の絵図が明確で、その核心は「5T(Talent=人材、Tradition=伝統、Tourism=ツーリズム、Trade=貿易、Technology=技術)に焦点を当てることでインドのブランドを構築する」というビジョンです。

送水網、光ファイバー網、新幹線といったインフラ計画はインドが最も必要とする近代化計画です。それ以外にも、インド国内100カ所にスマートシティを作る、インド工科大学(IITs)、インド経営大学院(IIMs)、全インド医科大学(AIIMS)をインド28州すべてに作り、すべての国民がよい教育を受けられるようにする、という計画もあります。

ただし前政権から厳しい財政状態が続いており、モディ首相は財政再建と経済成長の両方を同時に進めていく必要があります。すべての国民が満足できるような政策はありません。経済の再生やインフラ整備にあたって、一部の国民が強く反発するような厳しい決断もしていくと思われます。病んだ経済を健康的にするには苦い薬も必要、ということです。 これをうまく乗り切っていけるかどうか。日本を含む世界中の多くの政府と同様、これはモディ政権の大きなハードルといえます。

この連載は、「モディ政権のインパクト」、そして「インドの魅力」についてニルマラさんが解説します。次回は7月10日掲載予定です。お楽しみに!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT