河野氏「ワクチン担当」起用に広がる疑問と不安

支持率急落で「ポスト菅」候補封じの思惑も

コロナワクチン接種の担当を兼務することになった河野太郎規制改革担当相(写真:AP/アフロ)

通常国会の召集に合わせたように、菅義偉首相がコロナワクチン接種の担当に河野太郎規制改革相を起用する「サプライズ人事」(政府筋)を断行した。

河野氏は「ポスト菅」の有力候補の1人で、政治家としては桁違いの200万人超のツイッターフォロワー数を含め、政治家としての発信力は抜群だ。

その一方で、政界では「唯我独尊」(自民幹部)ともみえる立ち居振る舞いから「自民党の異端児」(閣僚経験者)と呼ばれ、ワクチン接種という「極めつけの難事業」(政府筋)の総合調整役としての疑問や不安も指摘されている。

失敗すれば河野氏の責任に

河野氏はコロナ担当の就任時に、NHKの看板番組だった「プロジェクトX」を引き合いに出して早期ワクチン接種実現への決意を語った。しかし、永田町では「成功すれば自らの手柄、失敗すれば河野氏の責任という、菅流の狡猾な人事」(自民長老)との声も相次ぐ。

1月18日に召集された通常国会は「文字通りのコロナ国会」(自民国対)だ。7日の緊急事態再宣言による感染防止の成否が「菅政権の命運を決める」(政府高官)とみられており、菅首相のコロナ対応をめぐる与野党攻防も国会の開会冒頭から緊迫している。

注目を集めた菅首相の就任後初の施政方針演説は、相変わらずの棒読みに加え、言い間違えや読み間違えが際立った。SNS上でも「まったく心に響かない」などの書き込みがあふれ、主要メディアでも辛辣な論評が目立つ。

野党側は「感染拡大は後手後手に終始している菅政権による人災」(枝野幸男立憲民主党代表)と猛攻撃。政権危機にもつながる政治的苦境を打開する菅首相の「窮余の一手」(政府筋)が、河野氏のワクチン担当への起用だった。

次ページ河野氏の「突破力」に期待
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT