【改正貸金業法】完全施行方針ながら与党議員から弊害懸念の異論も

【改正貸金業法】完全施行方針ながら与党議員から弊害懸念の異論も

貸金業法の完全施行に向けた政府与党内の議論が大詰めを迎えた。

これまで同問題を検討してきた貸金業制度に関するプロジェクトチームの座長を務めた大塚耕平内閣府副大臣(=写真=)は4月2日、総量規制を含む貸金業法の完全施行を予定通りに6月に実施する考え方を示す一方、激変緩和措置として内閣府令の改正を行いたい意向を明らかにした。

しかし、同日朝に開催した金融庁政策会議では、出席した民主党議員たちから、完全施行に伴って借り手の資金調達が困難化するなどの弊害に関する懸念が表明されており、完全施行を目指す金融庁政府三役には逆風が強まった。

大塚副大臣は、総量規制導入の激変緩和策として、複数の借り入れを一本化し、さらに返済期間を長期化、月々の返済額を軽減する措置を内閣府令で導入する方針を明らかにしたが、いまのところ、その効果は未知数と言わざるを得ない。

一本化する貸し手側には信用リスクが過大化し、貸倒引当費用の増大というマイナス面も発生しかねない。その点、大塚副大臣は「会計面について、亀井静香金融担当大臣と話し合う」と語り、今後、貸し手側への会計面での特別措置が盛りこまれる可能性を残した。

(浪川 攻 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT