43歳で警察官から格闘家になった"怪物"の現在

自他ともに認める「天職」から次なる道へ

すっかりプロレスラーの風格だ(写真:関根さん提供)

悩んだ関根さんは、警察官を辞めることを決断した。もう数カ月在籍すれば、年金が満額もらえるタイミングだったが、自分の年齢や残りの選手生命を考えると、その時間すら惜しいと思ったからだ。当然、上司や同僚からは引きとめられ、妻にも驚かれたが、気持ちは変わらなかった。決断に踏み切れたのは、ブラジル人の生き方や、前出の先輩の死が大きかったという。

「ブラジル人には、『やりたいことをやらない人生なんて意味がない』ってマインドがあるんです。その生き方に背中を押されましたね。あと、僕が格闘家デビューしたイベントを主催していた先輩が、白血病で急死したこともきっかけです。人はいつ死ぬかわからない、であれば我慢せずにやりたいことをやろう、と決めたんです」

鍛え上げられた関根さんの背中(写真:関根さん提供)

何より大きな後押しは、警察官として接してきた若者たちの存在だ。パトロールをしながら、生きづらさを抱えて非行に走る少年・少女たちに、関根さんは「学校や勉強が嫌いでも、やりたいことがあれば一生懸命やりなさい。諦めたり恥ずかしがったりせず挑戦しなさい」とよく伝えていた。

それなのに、自分自身が公務員の安定性にしがみつき、格闘家への夢を諦めてしまうようでは格好悪い。生きざまを通じて、若者たちに挑戦する姿を見せたかったのだ。

そしてタイトルマッチの大舞台へ。対戦相手は、世界最高峰の格闘技団体UFCにも出場している強豪。結果はKO負けだったが、関根さんは晴れやかで前向きだ。

今度は生き様を通じて人を笑顔にしたい

「このままでは終われないですね。またリングに上がって、結果を残していきたいです。でもそれより、負けても諦めずに立ち上がり、ズルをせず正しく生きて、挑戦していく姿をみんなに見せたい。警察官は、国民の笑顔を守るのが仕事ですが、今度は生き様を通じてみんなを笑顔にしていきたいです」

現在は格闘家だけでなく、プロレスラーとしても活躍する関根さん。一歩踏み出したことで、昔からの夢を手に入れたのだ。昨年はコロナウイルスの影響で、試合が軒並み中止になったが、「これも人生のイベント。体を休められたしちょうどいい」と笑い飛ばす。2月21日には久々の試合も予定している。

逆境などもろともせず、関根さんは人生を楽しみ、これからも挑戦し続けていく。その物語は、本家『シュレック』のように、人々に笑顔や勇気を届けていくのだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT