43歳で警察官から格闘家になった"怪物"の現在 自他ともに認める「天職」から次なる道へ

印刷
A
A
柔術を始めて4カ月でアジア大会で優勝(写真:関根さん提供)

「ブラジル人は時間にルーズで、約束も守らない人が多いんです。イライラすることもありましたが、よく知るにつれて、すごく奔放でおもしろい人たちだと思うようになりました。ブラジル人は世の中の流れに順応して、つねに新しい価値観で生きているんです。その基本にあるのは、人生を楽しむということ。僕は父親の古い考えや頑固な性格が嫌いでしたが、ブラジル人たちと比べると、自分もそうだったと気づかされましたね」

ちなみにシュレックというニックネームは、最初に道場を訪れた瞬間、ブラジル人の柔術インストラクターに、「シュレックだ!」と言われたことが由来だ。関根さん自身も、「確かに似ているかも」と、名乗るようになったのだった。

格闘家として歩み始めた関根さん(写真:関根さん提供)

そして37歳のとき、さらに大きな転機が訪れる。現職の警察官でありながら、格闘家としてデビューしたのだ。地元で開催されている格闘技の大会を観て、「自分もいけるのでは」と思った関根さん。偶然にも、大会の主催者は旧知の先輩であり、自分も出たいと頼んだところ、実現したのだった。実は昔から、格闘家へのあこがれがあったと、関根さんは振り返る。

「UWFインターの創設者である高田延彦さんと、(柔術家の)ヒクソン・グレイシーの試合から、(かつて存在した総合格闘技イベント)PRIDEが始まったんです。UWFが好きだった自分は、夢中になって観ていましたね。そのころから、プロレスラーとしても、格闘家としてもリングに立ってみたい、という思いがずっと心のなかにありました」

デビュー戦で見事に勝利を飾った関根さん。警察官をするかたわら、継続して格闘技の大会に出場し、7連勝と快進撃を続けていった。

43歳でやってきた「最大のチャンス」

43歳のときに、最大のチャンスが訪れる。世界有数の格闘技団体であるONEチャンピオンシップから、タイトルマッチのオファーがきたのだ。願ってもない展開だが、試合が開催されるのは海外で、準備期間を含めると1週間は拘束される。十分な練習時間を確保するためにも、警察官のままでは難しい。

次ページまさかの大胆決断
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT