大草直子さん、怒涛の”40歳越え”を語る

あの超人気スタイリストにも、40歳クライシスが!

大草さんのいた編集部は、「規律のあるおしゃれや暮らし」こそが、美しいと考えるスタンスだった。

一方の大草さんは、入社4年目にして開眼した「サルサ」ダンスの影響で、南米の自由で開放的な思想や暮らしにあこがれ始めていた。双方の間に、ギャップが生じつつあったのだ。

「週3回もサルサを習いに行くほど、のめり込んでしまったのです。すると当然、仕事はおろそかになり、70%程度の力しか出していませんでした。なのに、会社や上司はそれでも評価してくれる。そんな自分はズルいなと、かえって居心地の悪さを感じてもいました」

それで、大草さんは、どうしたか。

「結論から言うと、南米に遊学したのです。メキシコから入ってキューバに行き、ドミニカなど南米5都市を、語学やダンスを学びながら巡って。若かったからこそできた話、無謀ですよねぇ」

現地では、朝11時からお酒を飲み始め、徹夜で飲み、踊るような生活。「10年分は遊んだ」と言う。

「祖母の病気がいよいよ悪化し、帰国を余儀なくされたときは、名残惜しくて泣きじゃくったほどでした」

出産、人の5倍働く生活、そして離婚……

27歳のときに南米から帰国してすぐ、また、新たな転機がやってきた。第1子の妊娠だ。

「相手は学生時代から7年以上付き合っていた彼氏でした。それで、すぐに結婚。20代当時、夫は地方勤務でしたが、私はついて行く気がなかった。というのも、次の仕事が決まっていたからです」

 帰国後すぐに、光文社の20代女性向けファッション誌『CLASSY』編集部の門戸をたたき、フリーランスのスタイリストとしてレギュラーの仕事を獲得していたのだ。

「今からたった10年ほど前の話なのに、当時は、スタイリストや編集者やライターが、子どもを産むという話がほぼ選択肢になかった時代。子どもを産んで仕事をあきらめるか、仕事を辞めて子どもを産むかの二択しかありませんでした。私も、両立は難しいとは思いましたが、好きな仕事を続けたい気持ちが勝りました」

次ページ夫との間にできた溝
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。