大草直子さん、怒涛の”40歳越え”を語る

あの超人気スタイリストにも、40歳クライシスが!

「会社には、実家が大金持ちで会社の近くに月5万円の駐車場を借りて、車通勤するようなゴージャスの極み、みたいな人が普通にいました。そんな立場ではない私は、局長に毎朝お出しするお水の準備など、下働きも進んでやりました」

その苦労は報われた。半年後、局長のプッシュで、念願の雑誌『ヴァンテーヌ』編集部に配属させてもらえたのだ。ここで、大草さんは、スタイリスト、編集者、ライターとして八面六臂の活躍をする素地を身に付けた。

「通常、女性誌は、ファッションページのスタイリングはスタイリストが担当し、文章はライターが書き、編集は編集者がする分業制ですが、当時の婦人画報社の雑誌作りは、編集者が企画に、スタイリング、コンテ書き(構成)、文章作り、撮影立ち合い、洋服のアイロンがけから返却まで全部を担当したのです。もちろんその分、仕事は大変でしたが、勉強になりましたね」

と同時に、ヴァンテーヌ編集部では生涯のメンターと言える恩人に出会った。当時の編集長の女性だ。

「私が河口湖で撮影だった日、動きやすいからという理由で、チノパンにニットといういでたちでいたら、『アナタ、今日、遠足だったの?』と嫌味をおっしゃった方です(笑)。でも、そのおかげで、服装とは名刺であり礼儀なんだということを実感として、教わりましたね。

彼女は今でも、私の『おしゃれの母』。また、言葉遣いであったり、人との付き合い方であったり、原稿書きの基本であったり『社会人として、編集者としての礎』を作ってくれた人でもあります」

天職ともいえる好きな仕事に巡り合い、上司に恵まれ、編集部内での仕事の評価も上々だった。

だが、4年半の勤務で、大草さんはこの会社を去る決断をする。どうしてだったのか?

「5年ワンキャリア説」、そして南米遊学へ

「その頃から、私の頭の中に『5年ワンキャリア』説があったのです」

キャリアの節目は、5年おきに訪れる――。大草さんは、漠然とそう考えていたという。

「編集者としてスタイリングから原稿書きまでひととおりの仕事ができるようになり、“ド新人”の時期は脱した。これからの5年は、“中堅”としてキャリアを作る時期。でも、中堅キャリアを作るのは、ここではないという気持ちを感じ始めていたのです」

次ページ妊娠、激務、夫との別居婚……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。