コロナ禍を地球の警鐘として利する人への疑念 善と悪の対立構造を作り出す強力な動機付けに

印刷
A
A

さて、それらの心理的障害を無事に切り抜けた者たちは、エネルギー自治やシェアリング・エコノミーといったもっともらしい方法にたどり着くかもしれない。しかし、これらは本質的に人々の相互扶助などに基づくコミュニティーが構築・維持されることを前提にしている。

地域社会や同業者組合などといったソーシャル・キャピタル(社会関係資本)が退潮する中で、コミュニティーは今や希少財のようなものとなっており、多くの人々がその温もりから排除されている状況にある。狭き門なのだ。

そのうえ、コミュニティーの空白を市場が多様なサービスによって埋め合わせてきた経緯もあり、もはやその必要性を切実に感じているわけでもない。換言すれば、見ず知らずの他者や地球環境全体に配慮できる精神性そのものが、非常に恵まれた共同性に依存した「寛容資産」と呼ぶべきものによって成り立っているのだ。これは最後の障壁といえるかもしれない。

コロナ禍があぶりだした社会の脆弱さ

コロナ禍は、現在進行形でわたしたちの社会がいかに脆弱なものであり、政府の無策にもほとんど振り回されるがままで、見当違いの人々を敵に仕立て上げるものであるかをあぶりだしている。

今後も、このような同種の過ちは、未来に待ち受ける深刻な気候危機においても繰り返されることだろう。悪夢のような災害が次々と押し寄せ、将来の見通しが暗く、人と人のつながりがますます希薄化し、不満と嫉妬のスパイラルに陥る人々が増え、強権発動や終末論のような劇薬への期待が高まれば、ポピュリズム的なものを避けることは至難だろう。

わたしたちは、かくも困難な状況下において、不可能な任務を遂行せよ、と鼓舞(こぶ)されているかのようである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT