コロナワクチンで遅れる日本に求められる知恵

公的「投資案件」としてとらえる必要あり

「市場の見えざる手」だけには任せられない公益性と緊急性を持った今回のようなワクチンの研究開発・製造には、このような通常以上の公的「介入」が求められるだろう。さらに言えば、国による承認を前提とするワクチンを含む医薬品について、パンデミックのような事態下においては、効果とリスクを比較考量し、通常は求められる審査過程の一部を省略・簡略化して、欧米に劣後しない時期に国民への提供を可能とするような法的な仕組みや迅速な審査を可能とする体制づくりも必須である。

今回の新型コロナ肺炎ワクチンは、通常の製造方法(ウイルスなどを不活化して接種するもの)ではできにくく、遺伝子技術を応用したワクチンが主流である。例えば、前述した2社のワクチンは、mRNAワクチンといわれ、体内で抗原タンパクを作って、それに対する抗体生成を誘導している。

話は感染症対策だけにとどまらない

この原理は、今回の新型コロナ肺炎に限らず、どのような感染症が発症しても、比較的短期間にワクチン製造が可能となる方程式であり(したがってウイルスの変異にも対応できる)、さらには、感染症に対する予防だけではなく、がんや認知症に対する効果もあるワクチンの製造も可能なのではないかとも指摘されており(実際に開発中である)、ワクチンに対する研究開発投資は、感染症対策のみならず、広く社会の課題となっている疾患対策ともなりうる。

国家の最も重要な責務は、国民の健康と安全の確保のはずだ。頻発するパンデミックから国民を守るためには、国際情勢に左右されない、国内におけるワクチンの研究開発や製造に対する投資が不可欠だし、それは、他産業への波及効果や外交手段として有用性を踏まえるとき、大きなリターンが約束されている公的「投資案件」といえるのではないか。

(鈴木康裕/厚生労働省顧問(前・医務技監))

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT