「郵政改革関連法案は来年4月に施行」亀井大臣が発言

「郵政改革関連法案は来年4月に施行」亀井大臣が発言

亀井静香・金融担当兼郵政担当相は3月30日、閣議後の記者会見で郵政改革関連法案について、今国会で成立後、来2011年4月に施行する考えを明らかにした。当初、施行は法案成立から2年後とみられており、この日の亀井発言はこれを早めることを意味している。

施行時期は、政府与党内で問題化している郵貯の預入限度額問題と関連する。3月24日に亀井大臣と原口一博・総務大臣が合意した基本方針では、預入限度額を郵貯は1000万円から2000万円に、簡易保険(加入後4年後を1300万円から2500万円に引き上げることになっている。

さらに、「新しい限度額に移行した後の(預金シフトなどの)動向を見極めつつ、施行に合わせて所要の見直しを行う」とし、法案成立に合わせて移行する新限度額について、法施行までの状況を参考にして、引き上げのままにするか、それとも、再び引き下げるかを最終決定することを明らかにしていた。

成立から施行までの期間が1年間に短縮ということは、仮に預金シフトが発生しても、期間が短縮した分だけ、影響が希薄化するという見方ができる。

一方、亀井大臣は、こうした預貯金の動向について、「金融庁がチェックしていく」と語ったが、いかなるケースが限度額見直しに該当するのかついては明言しなかった。なお、預入限度額などを含めた郵政改革問題については、3月30日夕に開催される閣僚懇談会での議論の行方が焦点となっている。

(浪川 攻 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。