2021年、日経平均は3万2000円でも驚かない

3万円の大台を突破する必要な条件とは何か

2020年はコロナ禍が作り出した需給相場だと述べたが、この構造が変わらなければ、2021年も上昇が続くと考えられる。

筆者はコロナショックの「倍返し」の水準がメドとなる日経平均株価3万2000円前後を2021年末の目標に設定している。倍返しとは、前述のコロナ前の高値2万4115円とコロナショックの安値1万6358円の差である7757円を2倍にして、安値の1万6358円に足しこんだ値だ。3万1872円となり、3万2000円に近づくからだ。

当然、コロナの収束の時期と景気回復の時期によって、その日柄(経過日数)と値頃感は違って来るだろう。

ただし、その結果については逆指数的に考える。つまりコロナの収束は人類にとっては朗報だが、株価にとっては終わりを意味する。景気回復についてもコロナと同様の考えだ。ただ、コロナはすぐにただの風邪になるとは到底考えられず、景気もコロナショック後の急回復は限定的で、2021年中の相場終了はないと思っている。

さて、年明けの指標だが、1月5日は12月のアメリカのISM製造業景況感指数、7日は同12月ISM非製造業景況感指数、8日は同雇用統計にまずは注目だ。ここでは数字もさることながら、その反応を見て、相場の質の変化を探りたい。

いよいよTOPIXが巻き返す?

29年ぶりの高値まで戻った日経平均株価の2021年目標をざっくりコロナショックの倍返しとしたのは、簡単に言えばチャートの明確な節目が1989年の史上最高値までないからだ。しかしTOPIX(東証株価指数)にはそれがある。2018年1月の戻り高値1911ポイントだ。

最近の三菱重工業の株価を先導役に、動きの変わって来た重厚長大銘柄や、内部インフラのDX(デジタルトランスフォーメーション)化で稼ぐ力がついて来た化学、機械、鉄鋼などのオールドエコノミー銘柄の復活を考えると、この目標達成の可能性は十分にある。もし、この3年ぶりの高値を抜くと、上値の重しが一気に外れ、2000ポイント以上に進む可能性もあると見る。

実際、日経平均株価をTOPIXで割ったNT倍率を仮に15倍で計算しても、1911ポイントで15倍ならば日経平均株価は2万8665円、2000ポイントなら3万円と、日経平均株価だけで推測した目標値にかなり近くなる。

まずは、2021年1月20日のアメリカの大統領就任式で、日経平均2万7000円台であれば良いと思っているが、果たしてどうか。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT