日経平均株価はもう一度下落するかもしれない

長期の上昇トレンドは不変だが目先は波乱も

日本でもコロナの感染者数は過去最悪。だがもし株価が下落するとしたら、理由はそれだけではないようだ(写真:つのだよしお/アフロ)

前回のコラム「大統領選後の株価予測で必ず押さえるべき真実」では、11月初から日経平均株価やニューヨークダウが上昇基調を強めたこと自体は、まったく不思議ではないと述べた。

その背景要因としては2点を挙げた。すなわち、(1)日米等主要国の景気や企業収益の持ち直し、(2)2つの大きな不透明要因の解消である。

前者については、コラム掲載後も、日本の7~9月期の実質経済成長率(前期比年率ベース)がプラス21.4%と大幅なプラスとなるなど、主要国経済の持ち直し基調持続が裏付けられた。また後者も実際に7~9月期の企業決算発表と11月3日のアメリカの大統領・議会選挙を通過し、様子見材料がなくなった(ただし、アメリカの上院2議席は未決着で、来年1月の決選投票を待つ必要がある)。

株価は買いが買いを呼び上昇したが、息切れ

その一方で「株価上昇のスピードが速すぎ、目先は株価が調整をみせる」とも述べた。筆者の短期調整見通しは外れ、勢いがついた株価上昇は、おおむね11月17日頃まで続いた。日経平均は同日にザラ場高値2万6057円をつけ、終値でも2万6000円台を記録した。またNYダウはその前日の16日に終値で2万9950ドルと、3万ドルに肉薄した。

ただしその後、主要国の株価は反落し始めて、週を終えている。特段何か株価の悪材料となったものはない。最近の上昇局面では「新型コロナウイルスのワクチンの治験結果がよく、景気回復期待が出た」と後付けで解説されただけだし、その後の反落局面では一転して「欧米で新型コロナウイルスの感染が再燃、それで景気悪化懸念が広がった」と言われているだけだろう。

実際には、株価の勢いがたまたま持続して買いが買いを呼び、株価指数が想定外に長期間上値を伸ばしていたが、それが息切れして反落に転じた、というところが、相場全体での動きの背景だと考える。

次ページ日経平均は買われすぎていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT