在宅勤務の服装がダサい人に知ってほしい作法

リラックスしながらも仕事モードを保つには?

自宅だからとラフすぎてもいけません(写真:PanKR/PIXTA)

コロナ禍において一気に広がったテレワーク。オフィスに行かない働き方は、ビジネスマンのライフスタイルに異質な変化をもたらしました。

コロナ前から服装のカジュアル化が進んでいたことは周知のとおりですが、その変化は、ビジネスリュックやスニーカー通勤など「通勤をラクにする」もの。一方、画面越しに行われるリモート会議など、在宅ワークにおける服装変化は別物です。

そして、突然導入されたテレワークだからこそ、今なお基準が明確に示されていません。大きな流行の波がいまだ収まらない中で、在宅ワークの装い基準が改めて求められるのではないでしょうか。のべ4650人を超えるビジネスマンの買い物に同行アドバイスしてきた服のコンサルタントが「在宅ワーク時代のビジネスウェア」についてお伝えします。

優先順位が変わった!新時代のビジネスウェア

「とりあえずスーツを着ていればOKだった時代」や「オフィスカジュアル時代」。これらの時代は「ジャケットから決めるコーディネート」が主流でした。

ビジネスウェアの役割は「相手に対する敬意を印象で示すこと」や「価値観の共有を印象で示すこと」が中心だったからです。いずれも相手に対する見せ方重視だったからこそ、いちばん目立つジャケットに重点が置かれていました。

ところが、在宅ワーク時代のファッションに求められる役割は、上司や同僚が見ていないところでも「仕事のモチベーションを自分で高める」こと。ファッションに求める方向性が、「相手中心から自分中心」に変化しています。そこで私は「パンツから決めるコーディネート」をおすすめしています。

座っている時間が長い在宅ワークでは、パンツの履き心地が、仕事の能率に及ぼす影響が大きいからです。とはいえカジュアルすぎるパンツでは、仕事モードに気持ちを切り替えられませんし、オフィスで履いていたようなカッチリしたパンツを自宅で履き続けることもストレスでしょう。リラックスしながらも仕事モードで居られるパンツこそ、在宅ワークの能率を左右するのではないでしょうか。

次ページアンバランスな格好で働く人の残念な発想
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT