ベンチャー騒然、金融庁ファンド規制の衝撃 DeNAのようなベンチャーが生まれなくなる?

拡大
縮小

一律に形式基準を引き上げて悪徳業者を排除しようとすることは、畑の害虫を駆除しようとして、大量の農薬で苗や益虫などの生態系まで破壊してしまうことと同じです。いやむしろ、法律など関係ない悪徳業者は生き残って、まじめに法令に従う業者が成立しえなくなることになりかねません。

これから新たに参入するベンチャーキャピタルのためという視点だけでなく、日本経済の成長のためにも、この問題について多くの方が関心を持ち、声を上げることを心より願っています。

※詳しい提言に関して■「ファンド規制に対して反対します!(ブログ内のpdf参照)
※改正案に関して■金融庁『適格機関投資家等特例業務の見直しに係る政令・内閣府令案の公表について』(2014 年 5 月14 日)
※改正案についてのパブリックコメントの投稿に関して■パブリックコメント窓口 (受付締切日:2014 年 6 月 12 日)
磯崎 哲也 Femto Growth Capital LLPゼネラルパートナー

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いそざき てつや / Tetsuya Isozaki

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、長銀総合研究所、ネットイヤーグループ株式会社CFO等を経て、2001年磯崎哲也事務所を設立し代表に就任。以降、カブドットコム証券株式会社社外取締役、株式会社ミクシィ社外監査役、中央大学法科大学院兼任講師等を歴任。

現在、Femto Growth Capital LLP ゼネラルパートナー。

公認会計士、税理士、システム監査技術者、公認金融監査人(CFSA)
主な著書:「起業のファイナンス」
ブログ:「isologue」
メルマガ:「週刊isologue」
 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT