いつか来た道? ベンチャー支援が乱立 政府、民間各方面から支援が相次ぐ

拡大
縮小
4月9~10日の2日間行われた第2回「新経済サミット2014」

今年6月下旬に改定される政府の成長戦略。その目玉の1つがベンチャー支援だ。今年1月には産業の新陳代謝加速を目指す「産業競争力強化法」が施行され、第2次安倍晋三政権の下、かつてないほどベンチャー支援の機運は高まっている。

下の表を見てほしい。各省庁や独立行政法人による政府系、民間ではベンチャーキャピタル(VC)系など、ありとあらゆるプレーヤーがベンチャー支援に乗り出している。

政府系で動きが目立つのは、経済産業省。右表には代表的な2件を掲載したが、計4件の支援策を手掛ける。中でも目立つ取り組みが、4月14日に取りまとめが発表された「ベンチャー有識者会議」だ。13年12月から始まり、計3回の会議が行われた。

同会議は「次のアップル、グーグル、フェイスブックは日本から出す!」をテーマに、茂木敏充大臣の私的懇談会として設立された。「大臣直轄でベンチャー支援を議題にした会が持たれるのは異例」(会議の運営元である新規産業室の石井芳明新規事業調整官)で、改定版・成長戦略の有力なたたき台となる見通しだ。

次ページ活発なのは政府系だけではない
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT