いつか来た道? ベンチャー支援が乱立

政府、民間各方面から支援が相次ぐ

4月9~10日の2日間行われた第2回「新経済サミット2014」

今年6月下旬に改定される政府の成長戦略。その目玉の1つがベンチャー支援だ。今年1月には産業の新陳代謝加速を目指す「産業競争力強化法」が施行され、第2次安倍晋三政権の下、かつてないほどベンチャー支援の機運は高まっている。

下の表を見てほしい。各省庁や独立行政法人による政府系、民間ではベンチャーキャピタル(VC)系など、ありとあらゆるプレーヤーがベンチャー支援に乗り出している。

政府系で動きが目立つのは、経済産業省。右表には代表的な2件を掲載したが、計4件の支援策を手掛ける。中でも目立つ取り組みが、4月14日に取りまとめが発表された「ベンチャー有識者会議」だ。13年12月から始まり、計3回の会議が行われた。

同会議は「次のアップル、グーグル、フェイスブックは日本から出す!」をテーマに、茂木敏充大臣の私的懇談会として設立された。「大臣直轄でベンチャー支援を議題にした会が持たれるのは異例」(会議の運営元である新規産業室の石井芳明新規事業調整官)で、改定版・成長戦略の有力なたたき台となる見通しだ。

次ページ活発なのは政府系だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。