いつか来た道? ベンチャー支援が乱立

政府、民間各方面から支援が相次ぐ

盛況だったこれらのイベントと比べ、新経済サミット2014は、今回運営に苦労した。4月9~10日の2日間共通の先行販売チケットは、1月半ばに4割引きの早期割引を延長。その後もチケットがさばけず、販売終了まで販売価格を割り引いた。

第2回の基調講演ではオラクルのラリー・エリソンCEOが出てくるなど、昨年に続きプログラムの顔ぶれは豪華だ。ただサミット終了後、「月1回の理事会は全員が中々そろわない」(新経済連盟理事の1人)との声も聞こえ、来年以降の円滑なイベント実施には、不安が漂う。

同じイベントでも、より小規模で草の根の動きもある。

開催頻度の高いイベントが、トーマツベンチャーサポートと野村証券が共催する「モーニングピッチ」だ。毎週木曜朝7時から行われ、13年1月の開始から5月末時点で計62回、全国8拠点で開催した。ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的に、ベンチャーがプレゼンテーションを行っている。

運営の実務を担うトーマツベンチャーサポートの斎藤祐馬事業開発部長は「オフィス家具のプラスがネット印刷のベンチャー、ラクスルと資本・業務提携を行うきっかけは、この場から生まれた。最近の大企業とベンチャーのコラボレーションは、モーニングピッチがきっかけになったものが多い」と自負する。

ネットバブルの雰囲気

さらに、大学発のベンチャー支援の動きも出てきた。

筑波大学は7月18~20日の3日間、同大学が日本のシリコンバレーとなることを目指し、学生を対象としたセミナーを開催する。LINE社長の森川亮氏、前インテル社長の吉田和正氏らが講師として立つ。永田恭介学長は「こうした実践的な取り組みは全国でも珍しい。04年から06年まで筑波大初の年間ベンチャー設立数は1位だったので、その座を取り戻したい」と語る。

熱気を増すベンチャーブームに対し、警戒する見方もある。1998年設立のVC、グローバル・ブレインの百合本安彦社長は「資金調達前の企業価値が高くなりすぎているケースも見られ、01年のネットバブルと似た雰囲気になってきた」と指摘する。

あまり悲観的になってはいけないが、一時的なブームで終わらないようにするためには、冷静さも必要だろう。

「週刊東洋経済」2014年6月7日号<6月2日発売>掲載の「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT