スズキ「新型ソリオ」に見るコストダウンの代償

打倒トール/ルーミー、価格競争の行方は?

いずれにしても新型ソリオは、目新しい項目が意外なほど少ないように思える。逆にいえば、前型で完成されていたということもでき、そこに最新の技術的進化による安全や機能が追加されたと考えるのが正しいのかもしれない。内外装やメカニズムを大きく変えるのではなく、先代からの正常進化と言えるだろう。

なおかつそれを身近な価格で市販するということに力点が置かれたようだ。実際、HV同士の価格比較をすると、前型が191.7万~206.28万円(FWD)であったのに対し、新型は185.02万~202.29万円(FWD)という設定になっている。フルモデルチェンジによって4万~6万円ほど安く手に入れられるようになったわけだ。競合と熾烈な価格競争が展開されている中、少しでもコストを抑えて優位性を打ち出していきたいという想いが感じられる。

写真は、ライバルとなるダイハツのトール(写真:ダイハツ)

ダイハツ「トール」およびトヨタ「ルーミー」の販売価格は、155.65~186.45万円(FWD)で、トヨタのルーミーにはさらに高価格帯の204.6万円まで、グレードに幅を持たせて選択肢を提案している。この新型ソリオとトール/ルーミーの価格設定を見ると、低価格での打ち出しは明らかにトール/ルーミーが有利に見える。だが、トール/ルーミーは排気量1.0Lの直列3気筒ガソリンエンジンのみだ。

それに対して新型ソリオは、1.2Lのガソリンエンジンで、なおかつ直列4気筒エンジンであり、これにマイルドハイブリッドの選択肢も加わる。直列4気筒エンジンの採用により、振動や騒音の点でも優位性があるのだ。さらにハイブリッドの設定もあるので、燃費性能や環境性能という点でもリードしている。

新型ソリオは4WDにハイブリッドと選択肢が多い

また、新型ソリオには4WDの選択肢があるが、トール/ルーミーは前輪駆動のみである。さらにガソリンエンジン車同士の燃費比較において、新型ソリオのほうが排気量は大きいにもかかわらず、0.6km/L燃費がよいのである。

購入後、何年も使い続けるときの快適さや燃費という実用性、また地域によって4WDを希望する消費者に対し、全体的に優位性を持つのが新型ソリオだろう。それでも、価格競争に神経質にならざるをえない様子が、マイルドハイブリッドへの転換や、室内や新装備の目新しさの乏しさに出ているようだ。その苦労に、思わずしみじみとした気持ちにさせられた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT